大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


劣品質複数経路通信での冗長パケットによる損失パケット復元
著者
  緒方靖彦,田村瞳,鶴正人,尾家祐二
 
雑誌名/会議名
  信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-178, pp. 199-204 (2009年3月3〜4日,沖縄県) 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,多様な種類の無線通信や電力線通信等の新しい通信方式が開発され, 今までの技術では想定していなかった環境でも情報通信サービスを利用・提供することが可能になってきた. しかし,これらの劣品質通信環境では,パケットロス率が高かったり, 遅延が極めて大きく変動したり,一時的切断の発生頻度が高かったりする. このような環境では,乏しいネットワーク資源を時間的空間的に 最大限に使って情報を転送することが必要になる. 本研究では,そのような技術の1つとして,パケットロス率が高く, フィードバックが限定的な複数の劣品質通信パスを利用できる環境において, それらの通信パスを有効に使って実効的なパケット通過率を最大化する問題を検討する. 通信パス間のパケットロスの相関やパケット到着・復元までの時間制約を考慮し, 排他的論理和を使った前方損失訂正手法に基づく損失パケット復元を提案し, その性能をシミュレーションにより示す.
 
キーワード
  Challenged Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.