大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


広域劣品質無線通信での損失パケット復元のためのパケット合成方式
著者
  久松賢志
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2009 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワーク利用の拡大・多様化が進む中で,劣悪な環境においても通信を行いたいという要求がある.その例として,広域に分散した各ユーザへ低品質な無線を用いて基地局から下りパケットを配信する場合を考える.無線区間での各ユーザ毎の大きく異なるパケットロスに対応するための冗長パケットの生成・送信に関して,極めて限定的なフィードバックしかない状況での実時間通信アプリケーションを想定し,前方消失訂正方式(Forward Erasure Correction:FEC) を検討する.その結果,無線区間のブロードキャスト的性質を利用し,パケット復元までの時間制約と受信ユーザ間の公平性を考慮した冗長パケット構成手法を提案し,その有効性をシミュレーションによって評価する. 評価結果より,冗長パケット構成手法により,バーストなロスが発生する状況でも,効果的に実効受信成功率が改善されることが確認できた.また,受信ユーザ間の受信成功率の差を考慮し,冗長パケットを構成することで,ユーザ間の公平性を実現できることが示された.
 
キーワード
  Challenged Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.