大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


有線/無線網におけるトラヒックエンジニアリングに関する研究
著者
  井上 陽介
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,携帯型無線端末の技術発展と接続場所に依存しないインターネットアクセスの需要 が高まり,無線LAN の普及が進んでいる.無線LAN を利用する端末(Station:STA) は, 無線LAN を構成するゲートウェイ(GateWay:GW) が複数存在する環境下において,効率 よくトラヒックを送信するために各GWの収容STA 数や無線電波特性に応じて接続GWを 選択する必要がある.しかし,各GW が接続された有線バックボーンネットワーク中に宛 先サーバが存在する場合,End-to-End の転送性能の改善のためには,無線LAN における 状況に加えて有線網の利用状況も考慮して転送経路を決定するTra±c Engineering(TE) が 必要となる. そこで本研究では,有線/無線統合網においてSTA が接続可能なGW が複数存在する場 合に各GW が有線/無線の利用状況を有すると仮定し,各STA がその情報を元に自律的に 接続GWを選択するアルゴリズムを考案し,その有効性を評価する.
 
キーワード
  Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.