大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


広域ネットワーク環境における高速 TCP のシミュレーションによる特性分析
著者
  立花 大祐
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,広域 IP 網の大容量化や,LAN, 端末のインターフェースのギガビット化に伴い,広域 IP 網での高速・大容量のデータ通信が要求されている.ここで,IP 通信において信頼性の高い通信には TCP を利用しており,TCP はその信頼性の実現の為に,誤り制御,フロー制御,輻輳制御を行なっている.しかし,広域 IP 網での帯域遅延積の増大に伴い,従来の TCP ではこれらの制御を効率的に行うことができない.この問題を解決するために, 様々な高速 TCP が提案されており, 既に Windows Vista や Linux にも実装され,インターネット上ですぐに利用可能な状況にある. また, これら高速 TCP を対象とした単一フローでの挙動の調査は実施されているが,複数のフローが競合する様な現実的なインターネット環境や,10Gbps の帯域幅を持つ様な将来的なインターネット環境を想定した調査は十分に実施されていない状況である.そこで,本研究では,将来的・現実的なインターネット環境を想定した評価シナリオを用 いて,シミュレーションにより各種高速 TCP の特性を分析した.その結果,以下の事が分かった.(1)HTCP, CUBIC は他フローを抑えて自フローの cwnd を増加する傾向があり,複数のフローが競合した場合,リンク利用率は高いが公平性にかける,(2)CUBIC は RTT,帯域幅が共に大きい場合,スタートが遅い,(3)CTCP は高い公平性を実現しているが,ロスベースの TCP と競合する際,相手に帯域を奪われる傾向がある,(4) ルータのバッファサイズを増加する事で,全プロトコルにおいてリンク利用率,公平性の向上が見られた.
 
キーワード
  Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.