大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


移動ターゲット捕捉センサネットワークシステムにおける挙動推定手法の検討に関する研究
著者
  松元 翔吾
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2009 年 2 月
 
アブストラクト
  近年の低電力で安価なセンサデバイスの出現や無線技術の向上により, 様々な物がネットワークに接 続され, 相互に情報を交換するユビキタスネットワークが実現すると考えられる. そのためには, ユー ザや機器の周辺環境の変化を感知して適切な情報を取得し伝達する技術であるセンサネットワーク が必要不可欠である. センサネットワークの代表的なアプリケーションの一つとして移動ターゲットの捕捉があり, 先行 研究では,Pervasa 社製センサノードAtlas を利用したターゲット位置捕捉/表示システムが開発され ている. しかし, ターゲットを複数のセンサにより捕捉し, 捕捉センサの重心をターゲットの推定位置 としているため, ターゲット位置推定精度が低く, 進行状態が明示されないという問題点がある. 本研究では上記システムに位置補正技術を適用し, より正確な位置推定やターゲットの移動傾向の 把握が可能な可視化アプリケーションの開発を行う. 開発したシステムの動作確認実験により, ター ゲットの移動速度に依存せず, ターゲットの位置推定, 移動経路, 推定進路の表示が可能となり, ター ゲットの挙動を可視化できることを確認した.
 
キーワード
  Sensor Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.