大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


経路集約によるネットワーク機器の省電力性能の解析評価に関する研究
著者
  森 勇規
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2009 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワーク・通信技術の発展,および,アプリケーションの多様化に伴い, トラヒックは急激に増加している. トラヒックの増加に対応するための機器の増設等により ネットワーク機器の電力消費量も急増しており, ネットワーク機器の省電力化が重要となっている. そこで,スイッチ/ルータのインタフェースの 物理帯域によって消費電力量が異なる ことを利用して,到着トラヒック量に応じた 動的なスリープ制御/転送帯域制御による省電力化が検討されている. しかし, トラヒックの通信経路に関して, 現状の最小コスト経路選択では,通信品質の観点からのメトリックに 基づいた経路を使用するため, 通信経路上のネットワーク機器の多くが 高消費電力モードで稼働する状態となる可能性があり, 電力消費の観点からすると非効率的である. 複数の通信機器で構成されるネットワークの省電力化を達成するには, 想定される利用可能な複数の経路のうち 各経路中に存在する機器の電力消費量に応じて 選択することが有効であると考えられる. そこで本研究では, 複数の機器により構成される ネットワークにおいて通信経路を集約する省電力化手法を提案し, マルコフ過程によるモデル化を通して, 性能指標を解析的に導出し,数値結果からその有効性を評価する. 評価結果より,到着トラヒック負荷が低〜中程度の範囲では, 集約経路におけるトラヒックの転送性能に悪影響を与えることなく, 電力消費量を大幅に削減できることを明らかにした.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.