大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


高機能中継ノードにおける適応的パケット圧縮の性能分析
著者
  嶋村 昌義,池永 全志,鶴 正人
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 108,No. 392,NS2008-142,pp. 95-100,(2009年1月22〜23日,佐賀県) 2009 年 1 月
 
アブストラクト
  本稿では,ネットワーク内部の輻輳を軽減するために,ネットワーク内部の中継ノードによる入力トラフィックの適応的なデータ圧縮について考える.ネットワーク内部の中継ノードは従来の中継機能(ネットワーク資源)だけではなく処理機能(計算資源・記憶資源)を持つ高機能中継ノードを前提として,適応型パケット圧縮手法の提案を行う.提案手法では輻輳時においてパケットの転送待ち時間を利用してパケットのオンライン可逆圧縮を行う.シミュレーション評価を通じて,提案手法の導入によりパケットが経験する遅延およびパケット破棄率に関する性能が向上することを示し,効率的なパケット転送を実現するための主な要因について示す.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.