大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


コグニティブ無線V2V通信における分散チャネル調整手法〜移動パターンと相対速度差の影響調査〜
著者
  松岡晋矢,塚本和也,アルトゥンタシュオヌル,鶴正人,尾家祐二
 
雑誌名/会議名
  総合大会, 2009/03 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,無線アクセス技術への割当周波数の枯渇問題を解決するため時間的/空間的に利用可能な周波数を切替 えて通信を行うコグニティブ無線ネットワークが注目されている.しかし,車車間(V2V) 通信では,基地局等の インフラを利用できない上,端末が急激に移動するため,チャネル調整が極めて困難となる.これまでに分散チャネル調整手法を提案したが,ノードの移動パターンや相対速度差に対する提案手法の有効性は評価していな いため本稿では,ノードの移動パターンや相対速度差が提案手法の通信性能へ与える影響を調査する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.