大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
   
研究業績

尾家・塚本研ホームページ > 研究業績 > 2006年度研究業績


学術論文
  Locating Congested Segments over the Internet Based on Multiple End-to-End Path Measurements
Atsuo Tachibana, Shigehiro Ano, Toru Hasegawa, Masato Tsuru, Yuji Oie
IEICE Trans. on Commun., E89-B(4), pp.1099-1109.
2006 年 4 月
  ネットワーク資源の効果的共有を目指した割当技術について
鶴 正人、尾家 祐二
電子情報通信学会誌 89(4), pp.304--308
2006 年 4 月
  Data Mining middleware for wide-area high-performance networks 
Robert L. Grossman, Yunhong Gu, David Hanley, Michal Sabala, Joe Mambretti, Alex Szalay, Ani Thakar, Kazumi Kumazoe, Yuji Oie, Minsun Lee, Yoonjoo Kwon, Woojin Seok
Future Generation Computer Systems, 22, pp.940-948
2006 年 5 月
  Stream Mining for Network Management
Ken-ichi Yoshida, Satoshi Katsuno, Shigehiro Ano, Katsuyuki Yamazaki, Masato Tsuru
IEICE Trans. Commun. E89-B(6), pp.1774-1780
2006 年 6 月
  New TCP Congestion Control Schemes for Multimodal Mobile Hosts
Kazuya Tsukamoto, Yutaka Fukuda, Yoshiaki Hori, Yuji Oie
IEICE Transactions on Communications, Vol. E89-B, No. 6, pp.1825-1836, 2006 年 6 月
2006 年 6 月
  A New Task Scheduling Method for Distributed Programs which Require Memory Management
Hiroshi Koide, Yuji Oie
Concurrency and Computation: Practice and Experience, published Online: 25 Oct 2005,Vol. 18, No. 9, pp. 941-958
2006 年 8 月
  QoS-aware Overlay Routing with Limited Number of Alternative Route Candidates and its Evaluation
Masato Uchida, Satoshi Kamei, Ryoichi Kawahara, Takeo Abe
IEICE Transaction on Communications, VOL.E89-B, No.9, pp.2361-2374, September 2006.
2006 年 9 月
   
 
国際会議
  Storage Load Balancing via Local Interactions Among Peers in Unstructured P2P Networks
Kei Ohnishi, Hiroshi Yamamoto, Kento Ichikawa, Masato Uchida, Yuji Oie
International Workshop on Peer-to-Peer Infromation Management (P2PIM2006), 8 pages, CD-ROM, Hong Kong, May 29, 2006
2006 年 5 月
  Handover Management based on the Number of Frame Retransmissions for VoWLANs
Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Hiroyuki Koga, Yuji Oie
The 7th ACM International Symposium on Mobile Ad Hoc Networking and Computing (MobiHoc 2006), Poster and Demo Sessions, Florence, Italy.
2006 年 5 月
  Handover Latency Reduction on Host-based Mobility in Multihomed Networks
Hiroyuki Koga, Katsuyoshi Iida, Hiroaki Haraguchi, Yuji Oie
Proc. IEEE 63rd Vehicular Technology Conference (VTC2006-Spring), CD-ROM (9C-3), Melbourne, Australia
2006 年 5 月
  Scheduling algorithms with error rate consideration in HSDPA networks
Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
International Wireless Communications and Mobile Computing Conference 2006 (IWCMC 2006), pp.1241-1246, July 2006, Vancouver, Canada.
2006 年 7 月
  Adaptive Multi-Class QoS Routing Algorithm for Dynamic Traffic Engineering
Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Kenji Kawahara, Yuji Oie
Proc. COIN-NGNCON2006, CD-ROM (WeC1-4), July 9-13, 2006, Jeju Korea
2006 年 7 月
  Development of Access Point Selection Architecture with Avoiding Interference for WLANs
Yutaka Fukuda, Masanori Honjyo, Yuji Oie
Proc. the IEEE Int. Symposium on Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications (PIMRC06)
2006 年 9 月
  Network Topologies Emerging in An Evolutionary Optimization Process
Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie
Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International ymposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006), pp.401--406, 6 pages, CD-ROM, Tokyo, Japan, September 20-24
2006 年 9 月
  A Parallel Transferable Uniform Multi-Round Algorithm in Heterogeneous Distributed Computing Environment
Hiroshi Yamamoto, Masato Tsuru, Yuji Oie
Proc. the 2006 Int. Conference on High Performance Computing and Communications (HPCC06), LNCS 4208, Springer, pp. 51-60, September 13-15 2006, Munich, Germany
2006 年 9 月
  Network Topologies Emerging in An Evolutionary Optimization Process
Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie
Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006)
2006 年 9 月
  Effect of Introducing Predictive CIR on Throughput Performance in HSDPA Networks
Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
The 17th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2006), CD-ROM, 5 pages, September 2006, Helsinki, Finland.
2006 年 9 月
  Experimental Evaluation of Decision Criteria for WLAN handover: Signal Strength and Frame Retransmission
Kazuya Tsukamoto, Takeshi Yamaguchi, Shigeru Kashihara, Yuji Oie
Proc. 2006 International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS2006), LNCS4239, pp. 239-253, Seoul, Korea
2006 年 10 月
  Dynamic Storage Load Balancing with Analogy to Thermal Diffusion for P2P File Sharing
Masato Uchida, Kei Ohnishi, Kento Ichikawa, Masato Tsuru, Yuji Oie
Workshop on interdisciplinary systems approach in performance evaluation and design of computer & communications systems (Inter-Perf 2006), CD-ROM, 8 pages, 14 October 2006, Pisa, Italy.
2006 年 10 月
  Code Optimization for Packet Filters
Yoshiyuki Yamashita, Masato Tsuru
Proc. IEEE/IPSJ SAINT2007 workshops, CD-ROM, 4 pages. (Hiroshima, Japan, Jan 2007)
2007 年 1 月
  Handover Management based on the Number of Frame Retransmissions for TCP over WLANs
Kazuya Tsukamoto, Shigeru Kashihara, Yuji Oie
Proc. consumer communications & networking conference (CCNC2007), CD-ROM, Las Vegas, Nevada, USA
2007 年 1 月
  A Distributed Flow Monitoring Tool using Network Processor
Yoshinori Kitatsuji, Satoshi Katsuno, Katsuyuki Yamazaki, Masato Tsuru, Yuji Oie
Proceedings of 2007 International Symposium on Applicationa and the Internet Technology Workshops (SAINT’07), CD-ROM 4 pages, Hiroshima, Jan 2007
2007 年 1 月
  Can error rate considered scheduling support TCP performance comparable to packet combining HARQ in evolved UTRA and UTRAN networks?
Yan Zhang, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
Proc. 4th European Conference on Universal Multiservice Networks (ECUMN07), pp.135-144., Feb 2007, Toulouse, France.
2007 年 2 月
   
 
著書
  該当の業績は0件です。
   
 
招待講演など
  インターネット計測技術の進展とその応用
Masato Tsuru
Interop東京2006 ワークショップ,2006年6月5日,千葉
2006 年 5 月
  次世代のエンジニアとインターネット
尾家 祐二
NTT DoCoMo テクニカル・ジャーナル,Vol.14, No.2, pp.4-5,特別寄稿
2006 年 6 月
  ネットワークの輻輳と資源利用・割り当て制御
Masato Tsuru
OR学会待ち行列研究部会(第193回),2006年7月15日,東京
2006 年 7 月
  私と電波 〜無線通信技術で広げるコンピュータネットワーク〜
尾家 祐二
電波受験界,pp.12-13
2006 年 8 月
  人,社会を支える情報技術
尾家 祐二
技報 安川電機,第70巻,第30号,巻頭言
2006 年 11 月
  九州リサーチセンターの来し方往く方
鶴 正人
NICT九州リサーチセンターワークショップ,2006年12月21日,北九州
2006 年 12 月
  A simple heuristic for handover decisions in WLANs
Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Youki Kadobayashi, Yuji Oie
Internet Engineering Task Force, Internet Draft, draft-shigeru-simple-heuristic-wlan-handover-02.txt
2007 年 3 月
  ユニバーサルICTを目指して(Delay Tolerant Network)
鶴 正人
NICTつくばセミナー,2007年3月26日,つくば
2007 年 3 月
   
 
国内研究会
  ターゲットの移動傾向を考慮したトラッキングセンサの省電力化の性能解析
原田 裕次郎、八尋 豊、田村 瞳、川原 憲治、尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,IN2006-7,pp.37-42,(2006年5月18日,東京都)
2006 年 5 月
  ハードウェアトークンと鍵管理サーバを用いたシングルサインオンシステムの開発
野林 大起,中村 豊,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告,IA2006-2,pp.7-12,(2006年5月24日,京都府)
2006 年 5 月
  ピアによるファイル提供の局所制御に基づくストレージ負荷分散
大西 圭,市川 憲人,山本 寛,内田 真人,尾家 祐二
電子情報通信学会技術研究報告 IA2006-10, Vol.106, No.62, pp.49--54
2006 年 5 月
  省電力化を考慮した複数センサによる静止ターゲット補足手法
長野 俊祐, 田村 瞳, 塚本 和也, 川原 憲治, 尾家 祐二, 須田 達也
電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会, BS-6-2, (2006年9月19日〜22日, 金沢市)
2006 年 9 月
  進化的最適化過程に出現するネットワーク
大西 圭,内田 真人,尾家 祐二
第22回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.251--256
2006 年 9 月
  認証情報管理サーバを用いたWebアクセスの高信頼化
野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰
電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会,B-16-1,p.352,(2006年9月19日〜22日,金沢市)
2006 年 9 月
  アクセス負荷分散可能な半構造型P2Pネットワーク
永松 聡,岡村敏也,大西 圭,尾家祐二
電子情報通信学会技術研究報告, IN2006-54, Vol.106, No.237, pp.31-36.
2006 年 9 月
  QoSオーバーレイ経路選択アルゴリズムのトラヒック変動への追従性
川原 亮一, 内田 真人, 亀井 聡
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.237, pp.37-42(IN2006-55).
2006 年 9 月
  VoWLANにおける無線LAN再送回数を用いたハンドオーバ制御機構の実装
妙中 雄三,樫原 茂,塚本 和也,門林 雄基, 尾家 祐二
電子情報通信学会技術研究報告書, IN2006-89~113, pp.79-84, 2006年11月
2006 年 11 月
  ターゲットの移動性を考慮した複数センサによるトラッキングアルゴリズムの提案と評価 提案と評価
植田 啓文,塚本 和也,田村 瞳,川原 憲治,尾家 祐二,須田 達也
信学技報, vol. 106, no. 358, IN2006-90, pp. 7-12, 2006年11月.
2006 年 11 月
  スポーツ映像を対象とした動画像検索システムの構築〜画像圧縮率の動画像特徴量としての利用〜
山元寛之, 大西圭, 吉田香
第8回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集
2006 年 12 月
  プログレスバーの進み方と主観的速さの関係について
榎本太紀,大西圭,吉田香
第8回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集
2006 年 12 月
  ノードの活性・不活性時間パターンを利用したネットワークトポロジ生成
大西 圭,内田 真人,尾家 祐二
電子情報通信学会技術研究報告, IN2006-129, Vol.106, No.420, pp.91--96
2006 年 12 月
  無線LAN通信資源の効果的な利用のためのAPと端末間協調に関する研究
マーダワ ジャヤウィクラマ,福田 豊,尾家 祐二
電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 106,No. 420,IN2006-114,pp.1-6,(2006年12月14日,大阪大学)
2006 年 12 月
  半構造型P2Pネットワークの動的トポロジ再構成
岡村 敏也,永松 聡,大西 圭,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 106,No. 461,IN2006-157,pp. 115-120,(2007年1月19日,大分県)
2007 年 1 月
  リンク集約技術を利用したスイッチ省電力化手法
相原 慎司,福田 豊,川原 憲治,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.106,No.461,IN2006-147,pp.55-60,(2007年1月18日,大分県)
2007 年 1 月
  無線LANメッシュネットワークにおけるAP選択手法の提案とその評価
大薮 赳,福田 豊,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 106,No. 461,IN2006-161,pp. 139-144,(2007年1月18日〜19日,大分県)
2007 年 1 月
  VoIPフローの特徴を利用したスケーラブルなVoIPフロー性能監視方式の提案
北辻 佳憲、勝野 聡、山崎 克之、鶴 正人、尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告、IA2006-40 (2007-01)、pp. 55-60、広島、2007年1月
2007 年 1 月
  多重階層型センサネットワークにおける集約センサの選択手法の評価
又吉 哲次,高江 信次,田村 瞳,川原 憲治,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol. 106, No.524, IN2006-164, pp.11-16, (2007年2月1日, 愛知県)
2007 年 2 月
  経路制御のためのOLSシステムにおける高速化と性能予測手法の改善
大久保 剛、田村 瞳、川原 憲治、尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.106, No.578, IN2006-266, pp.513-518, (2007年3月9日, 沖縄県)
2007 年 3 月
  実時間アプリケーションの遅延特性を改善する適応型早期パケット廃棄手法の性能評価
熊副和美、鶴 正人、尾家祐二
信学技報,vol. 106,no. 577,NS2006-238,pp. 421-426,(2007年3月7日〜9日,沖縄)
2007 年 3 月
  無線メッシュネットワークにおける俊敏な一時的経路切替え機構
池永裕晃, 荒木博史, 鶴正人, 尾家祐二
情報処理学会・火の国情報シンポジウム2007予稿集 C-8-4,(2007年3月1日〜2日,鹿児島)
2007 年 3 月
  劣通信環境における効率的な情報伝達による通信量削減
森山敦文、高橋正生、内田真人、鶴 正人
信学技報,vol. 106,no. 577,NS2006-168,pp. 59-62,(2007年3月7日〜9日,沖縄県)
2007 年 3 月
  次世代移動帯通信における時間/周波数領域を考慮したスケジューリングの有効性の検討
廣瀬 卓, 鶴 正人, 尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol. 106, No.577, NS2006-169, pp.63-66, (2007年3月8日, 沖縄県)
2007 年 3 月
  疑似パケットペアによる共有区間ボトルネック帯域幅推定手法の性能評価
辻村 直也, 鶴 正人, 尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.106, No.577, pp.449-452
2007 年 3 月
  無線メッシュ網におけるチャネル切り替え遅延を考慮した経路制御手法
坪内 宏司,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.106,No.578,IN2006-232,pp. 309-314,(2007年3月7日〜9日,沖縄県)
2007 年 3 月
  グリッドミドルウェアと連携するネットワークサービスの開発
中村 勝一, 青柳 好織, 池永 全志, 尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, vol.106, no.578, IN2006-260, pp.477-482, (2007年3月7日〜9日, 沖縄県)
2007 年 3 月
   
 
掲載予定
  該当の業績は0件です。
   
 
投稿中の論文
  該当の業績は0件です。
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  TCP通信に対応した大規模ネットワークOLSのための並列分散シミュレータの開発に関する研究
安達 輝雄
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  多重階層型センサネットワークの省電力化のための集約センサ選択手法の性能評価に関する研究
又吉 哲次
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  経路制御のためのOLSシステムにおける高速化と性能予測手法の改善に関する研究
大久保 剛
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  無線 LAN 通信資源の効果的な利用のための AP と端末間協調に関する研究
Madhava Jayawickrema
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  ネットワークにおける省電力化手法に関する検討 -リンク集約を利用した物理リンク制御-
相原 慎司
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  可用帯域幅推定手法のアプリケーション通信品質管理への応用
宮島 拓庸
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文
2007 年 2 月
  半構造型P2Pネットワークの分散協調型トポロジ再構成
岡村 敏也
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  無線LANメッシュネットワークにおけるAP選択 – 情報共有と自律分散選択 –
大薮 赳
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文
2007 年 2 月
  無線メッシュネットワークにおける俊敏な一時的経路切替え機構
池永裕晃
九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文
2007 年 2 月
   
 
卒業学位論文
  省電力化のための階層型センサネットワークにおけるクラスタサイズ制御に関する研究
新原 竜馬
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文
2007 年 2 月
  有線/無線網における無線LAN-GW選択手法に関する研究
井上 陽介
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文
2007 年 2 月
  複数センサによるターゲット捕捉手法の改善と性能評価に関する研究
花邉 圭輔
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  マルチホップ無線LANでの経路切替における障害発生・復旧の検出機構
荒木 博史
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  断続通信環境での分割受信と移動ノード中継を用いたダウンロード方式の有効性評価
渡邊 圭勇
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  半構造型P2Pネットワークの可視化に関する研究
原岡 雅俊
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  スケールフリーネットワークにおける負荷分散のための経路制御
松尾 咲希
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  ターゲット捕捉センサネットワークにおける電力消費特性の評価に関する研究
徳永 忠敏
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  集約フロー計測に基づくフロー毎流量統計推定法の実環境における性能評価
立花 大祐
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  次世代移動体通信における時間/周波数領域複合スケジューリング
廣瀬 卓
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  無線通信環境における通信媒体選択機構の実機評価と性能改善方式の検討
中野 雄貴
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文
2007 年 2 月
  早期パケット廃棄に基づく遅延特性改善法の多様な条件下での性能評価
末岡 達郎
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文
2007 年 2 月
  宛先ポート番号に基づくルール階層化を用いたパケットフィルタ高速化
緒方 靖彦
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  速度自動認識スイッチにおける省電力化のための速度切替方式の評価に関する研究
西内 康晴
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
  疑似パケットペアによる共有区間ボトルネック帯域幅推定手法の性能評価
辻村直也
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文
2007 年 2 月
   
 
表彰
  該当の業績は0件です。
   
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.