大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績

塚本研ホームページ > 研究業績 > 2008年度研究業績


学術論文
  該当の業績は 6 件です。
  A Unified Handover Management Scheme Based on Frame Retransmissions for TCP over WLANs
Kazuya Tsukamoto, Shigeru Kashihara, Yuji Oie
IEICE Transactions on Communications, Vol. E-91-B, No. 4, pp. 1034-1046, April 2008.
2008 年 4 月
  Query-Trail-Mediated Topology Reconstruction for Exploring Performance Trade-off in Unstructured P2P Networks
Kei Ohnishi, Satoshi Nagamatsu, Yuji Oie
International Journal of Hybrid Intelligent Systems, vol. 5, no. 2, pp. 97-108
2008 年 6 月
  ネットワークトモグラフィー技術の研究動向
鶴 正人
オペレーションズ・リサーチ 6月号 Vol.53 No.6 2008 p.p.321-327
2008 年 6 月
  高速パケットフィルタの実装と評価
山下義行,鶴正人
情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム (IPSJ ACS) 2008年 6月 26日 Vol.1 No.1
2008 年 6 月
  サイエンスグリッドにおけるグリッドネットワークサービスの実装および評価
中村勝一, 池永全志, 鶴正人, 尾家祐二
電子情報通信学会論文誌B,Vol.J91-B,No.10,pp.1211-1219, 発行日:2008/10/01
2008 年 10 月
  Analysis of Two-phase Path Management Scheme for MPLS Traffic Engineering
Hitomi Tamura, Kenji Kawahara, Yuji Oie
IEICE Trans. on Commun, Vol.E92-B, No.01, pp.59--67, Jan. 2009.
2009 年 1 月
   
 
国際会議
  該当の業績は 18 件です。
  Scaling properties of complex networks: Toward Wilsonian renormalization for complex networks
Kento Ichikawa, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
Physics-Inspired Paradigms in Wireless Communications and Networks(PHYSCOMNET), CD-ROM, 4 pages, Berlin, Germany, April, 2008
2008 年 4 月
  Conservative Slow Start: Controlling Losses in Very High Speed Networks
Kazumi Kumazoe, Cesar Marcondes, Mario Gerla, Dirceu Cavendish, Masato Tsuru, Yuji Oie
ICC 2008, pp.5798--5803, Beijing, China, 19-23 May 2008
2008 年 5 月
  Evolutionary Approach to Maxmin-Fair Network-Resource Allocation
Mario Koeppen, Masato Tsuru, Yuji Oie
SAINT2008 Workshop on HEUNET (Heuristic Methods for the Design, Deployment, and Reliability of Networks and Network Applications)
2008 年 7 月
  Designing Redundancy Toward Building Easily Manageable Wireless Sensor Networks for Humans
Kei Ohnishi, Hitomi Tamura, Kazuya Tsukamoto, Yuji Oie
The Second International Conference on Sensor Technologies and Applications (SENSORCOMM 2008), Cap Esterel, France, (August 25-31, 2008)
2008 年 8 月
  Proposal of New Layer of Indirection between Application and Transport Layers for Flexible Communications in IP Networks
Nobuo Ryoki, Hiroyuki Koga, Kenji Kawahara and Yuji Oie
Symposium on Applications & the Internet SAINT2008, 2008年8月
2008 年 8 月
  Thermal Diffusion-based Access Load Balancing for P2P File Sharing Networks
Masanori Takaoka, Kei Ohnishi, Masato Uchida, Yuji Oie
The 1st International Workshop on Computational P2P Networks: Theory & Practice (ComP2P 2008), CD-ROM, 7 pages, 27 July - 1 August 2008, Athens, Greece.
2008 年 8 月
  Evolutionary P2P Networking for Enhancing Search Performance
Kei Ohnishi, Kento Ichikawa, Yuji Oie
Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2008), CD-ROM 4 pages, Nagoya, Japan
2008 年 9 月
  Archiving Strategies for On-line Decision Making in Evolutionary Multi-Objective Optimization
Mario Koeppen, Kaori Yoshida, Masato Tsuru, Yuji Oie
8th International Conference on Hybrid Intelligent Systems (HIS-2008)
2008 年 9 月
  Proxy Data Transfer System with Stable Control Channel and Dynamically Changing Data Channels
Akira Nagata, Shinya Yamamura, Masato Uchida, Masato Tsuru
ACM Mobicom Workshop on Challenged Networks (CHANTS 2008), pp.121-123, Demonstration, 15 September 2008, San Francisco, CA, USA.
2008 年 9 月
  Implementation Design of Handover Management Scheme for Efficient Multimodal Communication
Kazuya Tsukamoto, Takeshi Yamaguchi, Shigeru Kashihara, Yuji Oie
IEEE International Workshop on Selected topics in mobile and wireless computing (IEEE STWiMob), CD-ROM, Avignon, France
2008 年 10 月
  Distributed Channel Coordination in Cognitive Wireless Vehicle-to-Vehicle Communications (Invited Paper)
Kazuya Tsukamoto, Shinya Matsuoka, Onur Altintas, Masato Tsuru, Yuji Oie
International conference on Wireless Access in Vehicular Environment (WAVE2008), CD-ROM, Dearbone, Michigan, USA
2008 年 12 月
  Autonomous Reliable Wireless Mesh Network Using a Neighboring Access Point Evaluation Mechanism
Daiki Nobayashi, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori, Katsuichi Nakamura, Hiroshi Ishinishi, Syuuji Kaizaki
The Third International Workshop on Self-Organizing System (IWSOS 2008), Poster and Demo Session, December 10-12, 2008, Vienna, Austria.
2008 年 12 月
  TCP Performance over Evolved UTRA and UTRAN with Time-Frequency Scheduling
Masaru Hirose, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
International Conference on the Latest Advances in Networks (ICLAN 2008), 10-12 December 2008, Toulouse, France.
2008 年 12 月
  Virtual Segment: Segmentation Method for Store-carry-forward Routing Schemes
Shinya Yamamura, Akira Nagata, Masato Uchida, Masato Tsuru
1st Workshop on Wireless Broadband Access for Communities and Rural Developing Regions (WIRELESS4D 2008), 11-12 December 2008, Karlstad, Sweden.
2008 年 12 月
  Overlay Routing with Acceptable Waiting Time for Unstably Fluctuated Network Environments
Yuya Yamada, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
The International Conference on Information Networking 2009 (ICOIN 2009), 21-24 January 2009, Chiang Mai, Thailand.
2009 年 1 月
  Access Point Evaluation with Packet Transfer Ratio in Multihop Wireless Network
Daiki Nobayashi, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori, Katsuichi Nakamura, Hiroshi Ishinishi, Syuuji Kaizaki
The International Conference on Information Networking 2009 (ICOIN 2009), CD-ROM, 21-24 January 2009, Chiang Mai, Thailand.
2009 年 1 月
  Designing of Wireless Sensor Network for Multi-Point Surveillance of a Moving Target: Tracking probability and Sensor density
Kazuya Tsukamoto, Hirofumi Ueda, HitomiTamura, Kenji Kawahara, Yuji Oie
IEEE CCNC’2009, Special Session on Service-Oriented Wireless Ad Hoc and Sensor Networks, CD-ROM, Las Vegas, USA
2009 年 1 月
  Seamless VoWLAN Handoff Management based on Estimation of AP Queue Length and Frame Retries
Niswar Muhammad, Eigo Horiuchi, Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Youki Kadobayashi, Suguru Yamaguchi
IEEE PerCom International Workshop on Pervasive Wireless Networking 2009 (PWN), CD-ROM, Galveston, Texas, USA, March 2009
2009 年 3 月
   
 
著書
  該当の業績は0件です。
   
 
招待講演など
  該当の業績は 2 件です。
  ユビキタスネットワーク制御・管理技術(Ubila)
大橋 正良,徳田 英幸,尾家 祐二,森川 博之,桐葉 佳明,加藤 正文,長谷川 亨
電子情報通信学会誌,91巻7号,pp.569--582, 2008年7月
2008 年 7 月
  Characterizing Slow Start in High Speed Networks
Dirceu Cavendish, Kazumi Kumazoe, Masato Tsuru, Yuji Oie, Mario Gerla
ICCRG, held in 73rd IETF - Minneapolis, MN, USA. Nov. 17, 2008
2008 年 11 月
   
 
国内研究会
  該当の業績は 44 件です。
  自動シグネチャ生成システムにおけるトラヒック情報収集方式
東島 慶, 中村 豊, 池永全志, 飯田勝吉
第70回情報処理学会全国大会,4ZL-9,5-311〜5-312
2008 年 3 月
  高速ネットワーク環境におけるスロースタート改良方式
熊副和美, Cesar Marcondes, Mario Gerla, Dirceu Cavendish, 鶴 正人, 尾家祐二
信学技報, IN2008-10, pp.7-10, 2008年6月
2008 年 6 月
  ネットワークトポロジの特徴とノードおよびリンク負荷の関係に関する調査
夏井宣匡,島田淳一,田村瞳,池永全志,尾家祐二
電気関係学会九州支部連合大会,(2008年9月24〜25日,大分大学,大分県大分市)
2008 年 9 月
  高機能中継ノードによる適応型ネットワークサービスに関する検討
嶋村 昌義,池永 全志,小出 洋,ジルセウ キャベンディッシュ,鶴 正人
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 108,No. 203,NS2008-66,pp. 135-138,(2008年9月11〜12日,宮城県)
2008 年 9 月
  高機能中継ノードにおけるパケット圧縮手法の検討
嶋村 昌義,池永 全志,鶴 正人
第61回電気関係学会九州支部連合大会(2008年9月24〜25日,大分県)
2008 年 9 月
  シームレスハンドオーバ機構を用いた自律移動ロボットの自由な移動の実現
塚本 和也, 樫原 茂, 安部 憲広, 尾家 祐二
情報処理学会 九州支部 若手の会セミナー2008, pp. 5-11, 2008年9月9-10日, 福岡県福岡市 志賀島
2008 年 9 月
  2ホップ隣接アクセスポイントと連携した多数決に基づく協調型リンク評価手法の検討
野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰,石西 洋,貝崎 修治
電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会,B-16-2
2008 年 9 月
  ユニキャスト経路情報と選択的ルータアクセスに基づくマルチキャストツリー把握手法
佐々木 力, 長谷川輝之, 阿野茂浩, 鶴 正人
信学技報, NS2008-6, pp.125-130, 2008年9月
2008 年 9 月
  動的なP2P環境における確実な検索のための進化的P2Pネットワーキング
大西 圭, 市川 憲人, 尾家 祐二
電子情報通信学会技術研究報告, IN2008-66, pp.135-140, 宮城県仙台市
2008 年 9 月
  スケールフリーネットワークにおける最小コスト経路を用いたTraffic Engineering の検討
夏井宣匡,島田淳一,田村瞳,池永全志,尾家祐二
電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会,B-16-2,(2008年9月16日〜19日,明治大学,神奈川県川崎市)
2008 年 9 月
  大規模広域ネットワーク環境における階層型分散情報管理アーキテクチャの構築
東島慶,中村豊,池永全志,飯田勝吉
電気関係学会九州支部連合大会
2008 年 9 月
  IEEE802.11aマルチレート環境におけるスループット特性に関する評価
三木 冨美枝,野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会,B-16-1
2008 年 9 月
  ネットワークトポロジのスケールフリー性を考慮したOSPF-TEの提案
田村 瞳,中山 祐輔,川原 憲治,尾家 祐二
電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会, B-7-51(2008年9月16〜19日,明治大学,神奈川県川崎市)
2008 年 9 月
  グリッドネットワークにおけるネットワークミドルウェアの設計と実装
中村勝一, 青柳好織, 池永全志, 鶴 正人, 尾家祐二
信学技報, NS2008-73, pp.31-36, 2008年10月
2008 年 10 月
  劣通信環境における複数通信路を活用したデータ転送方式
永田 晃, 山村 新也, 内田 真人, 鶴 正人
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技法 Vol.108, No.258, pp.99-104(NS2008-85), 2008年10月23-24日(関西大学, 大阪府吹田市)
2008 年 10 月
  断続的接続環境における許容待機時間付きオーバーレイルーティング
Yuya Yamada, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Masato Tsuru, Yuji Oie
電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 信学技法 Vol.108, No.287, pp.27-32 (CQ2008-50), 2008年11月13-14日(日本大学, 福島県郡山市).
2008 年 11 月
  マルチホップ無線ネットワークにおける輻輳伝搬及び同期現象
山崎翔一,古閑宏幸,福田 豊,尾家祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 342, IN2008-100, pp. 85-90, 2008年12月.
2008 年 12 月
  高速トランスポートプロトコルに対する親和性向上手法の提案と評価
吉水 卓, 古閑宏幸, 神山勝司, 熊副和美, 川原憲治, 鶴 正人, 尾家祐二
信学技報, IN2008-95, pp. 55-60, 2008年12月
2008 年 12 月
  ネットワークトモグラフィーを用いたトラヒック行列推定手法の実験
立花 大祐,田中 喜明,内田 真人,鶴 正人,尾家 祐二
電子情報通信学会 通信方式研究会 技術研究報告, vol. 108, no. 394, CS2008-66, pp. 55-60 (2009 年 1 月 22-23 日, 沖縄県西表島)
2009 年 1 月
  シミュレーション解析に基づくBGP経路障害箇所推定法に関する一検討
立花篤男, 阿野茂浩, 鶴 正人
信学技報, CQ2008-73, pp.75-80, 2009年1月
2009 年 1 月
  コグニティブ無線V2V通信における分散チャネル調整手法
ムニーズ アドリアーノ・松岡晋矢・塚本和也(九工大)・アルトゥンタシュ オヌル(トヨタ)・鶴 正人・尾家祐二(九工大)
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.108 No.409 IA2008, pp.59-64 (2009年1月29日,東京都)
2009 年 1 月
  高機能中継ノードにおける適応的パケット圧縮の性能分析
嶋村 昌義,池永 全志,鶴 正人
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 108,No. 392,NS2008-142,pp. 95-100,(2009年1月22〜23日,佐賀県)
2009 年 1 月
  ネットワークトポロジの特徴を考慮した負荷分散のための経路選択手法
夏井 宣匡,島田 淳一,田村 瞳,池永 全志,内田 真人,尾家 祐二
信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-192, pp. 277-282(2009年3月3〜4日,沖縄県)
2009 年 3 月
  生存時間解析を用いた打切データからのフロー持続時間分布の推定
坂井 裕樹, 内田 真人, 鶴 正人, 尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.108 No.457 NS2008-143--233 pp.11-14 (2009年3月3〜4日, 沖縄県) 2009 年 3 月
2009 年 3 月
  疑似パケットペアを用いた共有区間最小帯域幅推定手法の改良と評価
辻村直也, 鶴正人, 尾家祐二
IEICE Tech. Rep. Vol. 108, No. 457, NS2008-178, pp. 21-26
2009 年 3 月
  通信方式を考慮した階層型センサネットワークにおける クラスタ形成・データ転送方式の評価
新原 竜馬, 田村 瞳, 川原憲治, 尾家祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.108 No.458 IN2008-156. pp.145-150(2009年 3月3-4日, 沖縄県)
2009 年 3 月
  劣品質複数経路通信での冗長パケットによる損失パケット復元
緒方靖彦,田村瞳,鶴正人,尾家祐二
信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-178, pp. 199-204 (2009年3月3〜4日,沖縄県)
2009 年 3 月
  インターネットにおける経路集約によるネットワーク機器の省電力性能の解析
田村 瞳,森 勇規,川原 憲治,尾家 祐二
信学技報, vol. 108, no. 458, IN2008-210, pp. 463-468(2009年3月3〜4日,沖縄県)
2009 年 3 月
  広域劣品質無線通信での損失パケット復元のためのパケット合成方式
久松賢志,田村瞳,鶴正人,尾家祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, vol.108, no.457, NS2008-202, pp.331-336(2009年3月3-4日,沖縄)
2009 年 3 月
  無線メッシュ網を利用した一時的な情報共有のための複素数ルーティング
古賀武司, 大西圭, 塚本和也, 尾家祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,vol108,no.457,NS2008-202,pp.349-354(2009年3月3-4日,沖縄)
2009 年 3 月
  経路集約によるネットワーク機器の消費電力削減効果の基礎評価
田村 瞳,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-221, pp. 439-444 (2009年3月3〜4日,沖縄県)
2009 年 3 月
  実ネットワークにおける集約フロー流量からのフロー毎流量統計の推定
田中 喜明,立花 大祐,内田 真人,鶴 正人,尾家 祐二
情報処理学会 火の国シンポジウム 2009, A-6-2, 福岡,2009 年 3 月 13 - 14 日.
2009 年 3 月
  広域ネットワーク環境向け高速 TCP のシミュレーションによる特性分析
立花 大祐,岩永 陽一,熊副 和美,鶴 正人,尾家 祐二
情報処理学会 火の国シンポジウム 2009, A-6-3, 福岡,2009 年 3 月 13 - 14 日.
2009 年 3 月
  LANスイッチ省電力化のためのリンク速度動的切替方式
富原 理津子,田村 瞳,福田 豊,川原 憲治,尾家 祐二
電子情報通信学会 2009年総合大会,B-7-104,(2009年3月17日〜20日,愛媛県)
2009 年 3 月
  端末間セッションマイグレーションにおけるコネクション制御手法の性能評価
杉尾 勇介,古閑 宏幸,嶋村 昌義,川原 憲治,尾家 祐二
電子情報通信学会総合大会(2009年3月17〜20日,愛媛県)
2009 年 3 月
  コグニティブ無線V2V通信における分散チャネル調整手法〜移動パターンと相対速度差の影響調査〜
松岡晋矢,塚本和也,アルトゥンタシュオヌル,鶴正人,尾家祐二
総合大会, 2009/03
2009 年 3 月
  複数の伝送レートが混在する無線LAN環境における通信特性評価
三木 冨美枝,野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告,NS2008-230, pp.489-494
2009 年 3 月
  情報源のつながりを創出する進化的P2Pネットワーク
山浦 武,大西 圭,市川 憲人,尾家 祐二
電子情報通信学会技術研究報告,IN2008-151, pp.115-120, 沖縄県中頭郡 2009年3月.
2009 年 3 月
  多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークシステム
徳永忠敏,田村瞳,塚本和也,川原憲治,尾家祐二
電子情報通信学会 2009年総合大会,B-20-31,(2009年3月17日〜20日,愛媛県)
2009 年 3 月
  車両による蓄積運搬型通信を用いた新ネットワークインフラの検討
山村 新也, 永田 晃, 内田 真人, 鶴 正人
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技法 Vol.108, No.457, pp.457-462(NS2008-224), 2009年3月3-4日(沖縄残波岬ロイヤルホテル, 沖縄県中頭郡)
2009 年 3 月
  Practical Performance Evaluation of VoWLAN Handover based on Frame Retransmissions
Sunghye Bang, Yuzo Taenaka, Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Suguru Yamaguchi, Yuji Oie
IEICE Technical Report, NS2008-211, pp. 385-390, 2009年3月
2009 年 3 月
  複数の劣品質通信路を活用したデータ転送方式に関する一検討
永田 晃, 山村 新也, 内田 真人, 鶴 正人
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技法 Vol.108, No.457, pp.189-194(NS2008-176), 2009年3月3-4日(沖縄残波岬ロイヤルホテル, 沖縄県中頭郡)
2009 年 3 月
  実環境におけるフレーム再送を考慮したVoWLANハンドオーバの評価
房聖 恵, 妙中 雄三, 樫原 茂† 塚本 和也, 山口 英, 尾家祐二
IEICE Technical Report, NS2008-211, pp. 385-390, Mar. 4-5, 2009.
2009 年 3 月
  TCP通信を対象とした異なるIPサブネット間のハンドオーバ制御機構の実装
妙中 雄三, 塚本 和也, 樫原 茂, 山口 英, 尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告, IN2008-166, pp. 203-208, (2009年3月4〜5日,沖縄県)
2009 年 3 月
   
 
掲載予定
  該当の業績は0件です。
   
 
投稿中の論文
  該当の業績は0件です。
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  該当の業績は 7 件です。
  共有区間最小物理帯域幅の推定手法に関する改良と評価
辻村 直也
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2008 年 2 月
  高速パケット無線アクセスにおけるTCPを考慮したスケジューリング
廣瀬 卓
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2009 年 2 月
  劣品質複数経路での冗長パケットによる損失パケット復元
緒方靖彦
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2009 年 3 月
  通信方式を考慮した階層型センサネットワークにおける クラスタ形成機構に関する研究
新原 竜馬
九州工業大学大学院 情報工学研究科 修士論文, 2009年 2月
2009 年 3 月
  多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークシステムの開発に関する研究
徳永 忠敏
九州工業大学大学院 情報工学研究科 修士論文, 2009年 2月
2009 年 3 月
  有線/無線網におけるトラヒックエンジニアリングに関する研究
井上 陽介
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2009 年 3 月
  広域ネットワーク環境における高速 TCP のシミュレーションによる特性分析
立花 大祐
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2009 年 3 月
   
 
卒業学位論文
  該当の業績は 16 件です。
  共有区間最小物理帯域幅推定ツールの実ネットワークでの評価
小田崎 晃之
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  省電力ネットワークの実現に向けたトラヒック流量の推定に関する研究
金光 宏明
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  第四世代移動体通信網における 時間/周波数スケジューリングの性能評価
角田 邦真
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  集約フロー流量計測からのフロー流量統計の推定における安定性向上
田中 喜明
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  移動ターゲット捕捉センサネットワークシステムにおける挙動推定手法の検討に関する研究
松元 翔吾
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  広域劣品質無線通信での損失パケット復元のためのパケット合成方式
久松賢志
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  TCPトラヒックに対するスイッチ/ルータ転送帯域制限が省電力性能に及ぼす影響評価に関する研究
荒木 遼哉
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  電力線通信網におけるパケットレベル中継の実環境での性能評価
桑原 光
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  経路集約によるネットワーク機器の省電力性能の解析評価に関する研究
森 勇規
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  早期パケット廃棄手法に適した経路制御
小田原 一弘
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 2 月
  TE over スケールフリーネットワークにおけるトポロジと制御指針の関係調査に関する研究
兼崎望
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 3 月
  広域ネットワーク環境向け高速TCP のネットワークエミュレータによる特性分析
岩永 陽一
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 3 月
  多点観測型移動ターゲット捕捉センサネットワークにおける捕捉アルゴリズムの改善とその評価に関する研究
阿南公憲
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 3 月
  屋内高速電力線通信(PLC)に適したネットワーク協調型TCP輻輳制御手法に関する研究
三次 祐輔
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 3 月
  階層型センサネットワークにおける 階層型センサネットワークにおける自律分散通信方式の検討に関する研究
袰谷拓矢
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 3 月
  無線メッシュ網を利用した一時的な情報共有のための複素数ルーティングに関する研究
古賀武司
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2009 年 3 月
   
 
表彰
  該当の業績は0件です。
   
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.