大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
   
研究業績

尾家・塚本研ホームページ > 研究業績 > 2013年度研究業績


学術論文
  An Implementation Design of a WLAN Handover Method based on Cross-layer Collaboration for TCP Communication
Yuzo Taenaka, Kazuya Tsukamoto, Shigeru Kashihara, Suguru Yamaguchi, and Yuji Oie
IEICE Transactions on Communications, Special issue on Internet Architectures, Protocols, and Management Methods that Enable Sustainable Development
2013 年 7 月
  Relational approaches to resource-aware multi-maxmin fairness in multi-valued resource sharing tasks
Mario Koeppen, Kaori Yoshida and Masato Tsuru
Int. J. Space-Based and Situated Computing, Vol. 3, No. 2, pp.91--101, 2013. DOI: 10.1504/IJSSC.2013.056026
2013 年 7 月
  A large-scale network diagnosis system based on user-cooperative active measurements
Atsuo Tachibana, Shigehiro Ano and Masato Tsuru
Int. J. Space-Based and Situated Computing, Vol. 3, No. 2, pp.69--82, 2013. DOI: 10.1504/IJSSC.2013.056027
2013 年 7 月
  Network-supported TCP Rate Control for the Coexistence of Multiple and Different Types of Flows on IP over PLC
Adriano Muniz, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru, Yuji Oie
IEICE Transactions on Communications, Vol.E96-B, No.10, pp.2587-2600, Oct.2013
2013 年 10 月
  An efficient traffic management framework for multi-channel wireless backbone networks
Yuzo Taenaka,Kazuya Tsukamoto
IEICE Communications Express Vol. 3 (2014) No. 3 pp. 98-103
2014 年 3 月
   
 
国際会議
  Selecting Measurement Paths for Efficient Network Monitoring on a User-Cooperative Scheme
Atsuo Tachibana, Shigehiro Ano, Masato Tsuru
IFIP/IEEE Intl. Sympo. on Integrated Network Management (IM 2013), pp.736-739, May 27-31, 2013. (Ghent, Belgium)
2013 年 5 月
  A Broad/Narrow PLC dual channel system improving TCP throughput
Mikio Mizutani, Miku Shibata, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru, Yuji Oie
IEEE Intl Conf on Power Engineering, Energy and Electrical Drives (POWERENG-2013), 6 pages, May 13-17, 2013. (Istanbul, Turkey)
2013 年 5 月
  Distributed Human-based Genetic Algorithm Utilizing A Mobile Ad Hoc Network
Ryosuke Hasebe, Kei Ohnishi, and Koeppen Mario
IEEE International Conference on Cybernetics (CYBCONF 2013), Lausanne Switzerland, 13-15 June 2013.
2013 年 6 月
  Performance Characterization of Streaming Video over TCP Variants
Gaku Watanabe, Kazumi Kumazoe, Dirceu Cavendish, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
The Fifth International Conference on Evolving Internet (INTERNET 2013), July 21-26, 2013, Nice, France
2013 年 7 月
  Knaster Procedure for Proportional Fair Wireless Channel Allocation
Mario Koeppen, Kei Ohnishi, Masato Tsuru
The 1st Intl Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET’13) in conjunction with IEEE COMPSAC 2013, pp.616-620, July 2013 (Kyoto, Japan).
2013 年 7 月
  Parallel Evolutionary P2P Networking Technique Evaluating Network Topologies Sequentially
Kei Ohnishi and Mario Koeppen
The 1st IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks & Applications (ADMNET 2013) (IEEE COMPSAC Workshop), Kyoto, Japan, July 22-26, 2013.
2013 年 7 月
  Identifying User Authentication Methods on Connections for SSH Dictionary Attack Detection
Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
The Annual International Computers, Software & Applications Conference
2013 年 7 月
  Cooperative Transmission Scheme Between PLC and WLAN to Improve TCP Performance
Adriano Muniz, Kazuya Tsukamoto, Kenji Kawahara, Masato Tsuru, Yuji Oie
2013 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2013), August 27-29, 2013, Victoria, BC, Canada.
2013 年 8 月
  Analysis for Identifying User Authentication Methods on SSH Connections
Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
The International Workshop on Smart Technologies for Energy, Information and Communication
2013 年 8 月
  StationAggregation Scheme considering Channel Interference for Radio on Demand Networks
Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
2013 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2013), August 27-29, 2013, Victoria, BC, Canada.
2013 年 8 月
  Multi-Jain Fairness Index of Per-Entity Allocation Features for Fair and Efficient Allocation of Network Resources
Mario Koeppen, Kei Ohnishi, Masato Tsuru
The 5th Intl Workshop on Information Network Design (WIND’13) in conjunction with IEEE INCoS 2013, pp.841-846, Sept 2013. (Xi’an, China) (DOI 10.1109/INCoS.2013.161)
2013 年 9 月
  Morphogenetic and Evolutionary Approach to Similar Image Creation
Kei Ohnishi and Mario Koeppen
Symposium on Emergent Trends in Artificial Intelligence & Robotics (SETINAIR 2013), Kosice, Slovakia, September 13-15, 2013.
2013 年 9 月
  Delivering A File by Multipath-Multicast on OpenFlow networks
Akira Nagata, Yoshiaki Tsukiji, Masato Tsuru
The 5th Intl Workshop on Information Network Design (WIND’13) in conjunction with IEEE INCoS 2013, pp.835-840, Sept 2013. (Xi’an, China) (DOI 10.1109/INCoS.2013.160)
2013 年 9 月
  Architecture for resource controllable NVE to meet service providers’ dynamic QoS demands
M. Shimamura, H. Yamanaka, Y. Uratani, A. Nagata, S. Ishii, K. Iida, E. Kawai, M. Tsuru
Proc. the 4th Intl. Conf. on Network of the Future (NoF), 5 pages, Oct. 2013. (Pohang, Korea)
2013 年 10 月
  Search in a Hybrid P2P System Using Visualized Network Information
Kei Ohnishi, Hiroshi Yamamoto, and Mario Koeppen
The 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS2013), Daejeon, Korea, November 13-16, 2013.
2013 年 11 月
  Dynamic Transmission Control to Save Power while Considering Communication Quality
Yutaka Fukuda, Yasuaki Yamashita, Takeshi Ikenaga
The International Conference On Information Networking (ICOIN) 2014
2014 年 2 月
  Database Assisted Vehicle-to-Vehicle Communications over TV White Space
Onur Altintas, Koichi Seki, Haris Kremo, Hideaki Tanaka, Shoji Tsuru, Noriyuki Kusakari, Kazuo Katayama, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru, Yuji Oie
2014 Wireless Innovation Forum Conference on Communications Technologies and Software Defined Radio
2014 年 3 月
   
 
著書
  該当の業績は0件です。
   
 
招待講演など
  該当の業績は0件です。
   
 
国内研究会
  種分化を伴う遺伝的アルゴリズム
曽根田 拓也, 大西 圭
第29回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 大阪府枚方市, 2013年9月.
2013 年 9 月
  多様なアプリケーションの通信品質要求を考慮した集約パケット構成手法
沢辺 亜南,塚本 和也,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.113,No.292,NS2013-124,pp.49-54(2013年11月14-15日,長崎県)
2013 年 11 月
  ハイブリッド型P2Pシステムにおけるノード地図を用いた検索
大西 圭, 山本 寛, ケッペン マリオ
電子情報通信学会技術研究報告, IA2013-63, Vol.113, No.364, pp.35-40, 広島県広島市, 2013年12月19-20日.
2013 年 12 月
  GAuGEと遺伝的クラスタリングの組合せ
曽根田 拓也, 大西 圭
第15回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集, pp.115-118, 山口県下関市, 2013年12月21日.
2013 年 12 月
  出会い頻度が異なる個体群を用いる超並列GA
岡野 純也, 浜野 倖太, 大西 圭, ケッペン マリオ
第15回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集, 山口県下関市, pp.111-114, 2013年12月21日.
2013 年 12 月
  情報検索と連動したデータ転送プロキシの動的配置方式の検討
山村新也・江島恒太(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・鶴 正人(九工大)
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 信学技法NS2013-139, pp.31-36, (2013年12月19日,香川県高松市)
2013 年 12 月
  無線LAN環境における同一ペイロードパケット削減手法
山口 裕樹,野林 大起,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.364, IA2013-67, pp.59-64
2013 年 12 月
  出会い頻度が異なる個体群による超並列GA
浜野 倖太, 岡野 純也, 大西 圭, ケッペン マリオ
進化計算シンポジウム2013, 鹿児島県霧島市 2013年12月14-15日.
2013 年 12 月
  無線バックボーンネットワークのための複数チャネル有効利用手法の検討
妙中雄三,塚本和也
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 443, IA2013-96, pp. 159-164, (2014年2月27-28日,石川県)
2014 年 2 月
  無線バックボーンネットワークにおける複数チャネルを用いたアップ・ダウンストリーム分離と均等フロー割当手法の設計・実装
田川真樹,塚本和也,妙中雄三
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 443, IA2013-97, pp. 165-170, (2014年2月27-28日,石川県)
2014 年 2 月
  コグニティブ無線車車間通信における車間減少時のデータチャネル選択手法
中野栄俊,塚本和也,鶴正人
火の国情報シンポジウム2014(2014年3月4-5日,大分県)
2014 年 3 月
  次数情報を利用したリンク重要度推定およびネットワーク特性との相関調査
近藤健司,川原憲治
電子情報通信学会 2014年 総合大会
2014 年 3 月
  通信品質を考慮した集約パケット構成手法の詳細評価
沢辺 亜南,塚本 和也,尾家 祐二
電子情報通信学会 2014年 総合大会
2014 年 3 月
  Performance of DTN Routing Protocols in Realistic Vehicle Scenarios
Agussalim, Masato Tsuru
IEICE 総合大会 2015
2014 年 3 月
  ネットワーク省電力化のための OpenFlow を用いたフローベース経路制御手法
織田 翔太,野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 492, ICM2013-66, pp. 85-90
2014 年 3 月
  無線バックボーンネットワークにおける複数チャネル有効利用のための通信制御手法の評価
和田祐太郎,田川真樹,塚本和也,妙中雄三
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.113,No.472,NS2013-177,pp.549-554(2014年3月6-7日,宮崎県)
2014 年 3 月
   
 
掲載予定
  An Implementation Design of a Cross-Layer Handover Method with Multi-Path Transmission for VoIP Communication
Yuzo Taenaka, Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Suguru Ymamaguchi, Yuji Oie
Elsevier ad hoc networks
2013 年
  ROD-SANにおけるWake-up機能を利用した送信チャネル選択方式の提案と評価
日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
電子情報通信学会 技術研究報告,NS研究会
2014 年 3 月
  ROD-SANにおけるマルチホップ通信時のチャネル選択手法の提案と評価
富高 勇樹,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
電子情報通信学会 技術研究報告,NS研究会
2014 年 3 月
  ROD-SANにおけるマルチホップ通信時のチャネル切り替え手法の検討
富高 勇樹,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
電子情報通信学会 2014年 総合大会
2014 年 3 月
  ROD-SANにおけるWake-up機能を利用した送信チャネル選択手法
日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
電子情報通信学会 2014年 総合大会
2014 年 3 月
  ROD無線LANにおける消費電力削減のための代理応答AP選択手法
鶴田 洸,野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告,ICM研究会
2014 年 3 月
  省電力化のためのOpenFlowを用いたフローベースの経路制御手法
織田 翔太,野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告,ICM 研究会
2014 年 3 月
  極小パケット集約機能のための集約待機時間調整手法の検討
弥永 浩輝,野林 大起,池永 全志,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,NS 研究会
2014 年 3 月
  アドホックネットワークにおける転送フロー数を考慮したメディアアクセス制御方式の検討
光根 隆文,野林 大起,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告,NS 研究会
2014 年 3 月
   
 
投稿中の論文
  Flow-based Routing Schemes for Minimizing Network Energy Consumption using OpenFlow
Syouta Oda, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
The Fourth International Conference on Smart Grids, Green Communications and IT Energy-aware Technologies (ENERGY 2014)
2014 年 4 月
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  TCPセグメント転送移行とウィンドウサイズ制御によるリンク省電力手法に関する研究
古屋 貴之

2014 年 2 月
  ネットワークにおけるリンク重要度を用いた特性推定に関する研究
近藤健司
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2014 年 2 月
  データセンタ間通信のためのマルチパストランスポート技術に関する研究
安藤 圭佑
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2014 年 2 月
  コグニティブ無線車車間通信における車間減少時のデータチャネル選択手法
中野栄俊
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2014 年 2 月
  複数ルータの最短経路木を利用した省電力経路集約方式の実現に関する研究
柳 大地

2014 年 2 月
  自律的な省電力TEのためのリンク切断/復旧アルゴリズムに関する研究
蒲原達也

2014 年 2 月
   
 
卒業学位論文
  OpenFlow Networkでの複数経路利用による1対多ファイル転送の改良
山内 龍之介
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  OpenFlow Network でのアクティブ計測による品質監視の効率化
斌遏[柑
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  実環境におけるPLC/WLAN連携伝送手法の詳細評価
佐名木 健太
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  車車間通信のためのホワイトスペースデータベース連携型制御チャネル選択手法
竹田 龍馬

2014 年 2 月
  OpenFlow Networkでのサーバ切り替えによる広域負荷分散
Masashi Kashiwamura
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  リンク省電力化のためのTCPセグメント転送移行方式の実現に関する研究
高見 真
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  微小・大量データ収集環境を想定したCSMA/CAの性能調査に関する研究
稲富 祐希
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  マルチパスTCPを利用した時間的・空間的省電力TE
荒木 雅斗
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  出会い頻度が異なる個体群を用いる超並列GAの振舞い
岡野 純也
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  車車間通信のためのホワイトスペースデータベース連携型データチャネル選択手法
中尾 仁
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  リンク特性を考慮したルータ経路木に基づく省電力経路集約方式に 関する研究
東島 誠
卒業論文:九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
  OpenFlow Network でのファイル圧縮による狭帯域ボトルネック緩和
Takuro Miyazaki

2014 年 2 月
  Openflow Networkでの複数経路利用による多対多ファイル転送
岡本 洋平
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2014 年 2 月
   
 
表彰
  電子情報通信学会(IEICE) 通信ソサイエティ 活動功労賞
塚本 和也

2013 年 9 月
   
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.