大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績

塚本研ホームページ > 研究業績 > 2014年度研究業績


学術論文
  該当の業績は 4 件です。
  A Flow-Based Detection Method for Stealthy Dictionary Attacks against Secure Shell
Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
Journal of Information Security and Applications
2015 年
  A New Approach to Identify User Authentication Methods toward SSH Dictionary Attack Detection
Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
IEICE Transactions on Information and Systems
2015 年
  Cognitive Radio-Aware Transport Protocol for Mobile Ad Hoc Networks
Kazuya Tsukamoto, Shun Koba, Masato Tsuru, Yuji Oie
IEEE Transactions on Mobile Computing, Vol. 14, No. 2, pp. 288-301, Feb. 2015
2015 年 2 月
  Implementation and Performance Evaluation of Distributed Autonomous Multi-Hop Vehicle-to-Vehicle Communications over TV White Space
Kazuya Tsukamoto, Yuji Oie, Haris Kremo, Onur Altintas, Hideaki Tanaka, Takeo Fujii
Springer Mobile Networks and Applications, pp. 1-17, Feb. 2015.
2015 年 2 月
   
 
国際会議
  該当の業績は 20 件です。
  Flow-based Routing Schemes for Minimizing Network Energy Consumption using OpenFlow
Syouta Oda, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
The 4th International Conference on Smart Grids, Green Communications and IT Energy-aware Technologies (ENERGY 2014), Apr. 2014
2014 年 4 月
  QoS-aware Packet Chunking Schemes for M2M Cloud Services
Anan Sawabe, Kazuya Tsukamoto, Yuji Oie
The First International Workshop on Device Centric Cloud (DC2-2014), pp.166-173, Victoria, Canada, May 13-16, 2014.
2014 年 5 月
  Slow Start TCP Improvements for Video Streaming Applications
Gaku Watanabe, Kazumi Kumazoe, Dirceu Cavendish, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
The Sixth International Conference on Evolving Internet (INTERNET 2014), June 22 - 26, 2014, Seville, Spain
2014 年 6 月
  Station Reassociation Scheme for Wireless Green Networking
Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
International Workshop on Wireless Networks and Energy Saving Techniques (WNTEST), Jun. 2014
2014 年 6 月
  Maxmin Fairness under Priority for Network Resource Allocation Tasks
Mario Koeppen, Kei Ohnishi, Masato Tsuru
Proc. the 2nd Intl Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET’14) in conjunction with IEEE COMPSAC 2014, pp.49-54, July 2014. (Vasteras, Sweden)
2014 年 7 月
  Expiration Timer Control Method for QoS-aware Packet Chunking
Hiroki Yanaga, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga
The 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference(COMPSAC), pp.638-639, July 2014. (Vasteras, Sweden)
2014 年 7 月
  Message Transmission Scheduling on Tandem Multi-hop Lossy Wireless Links
Fitriyani Umar, Agussalim, Masato Tsuru
Asia Pasific Conference on Wireless and Mobile 2014, Bali, Indonesia, 28-30 August 2014. Kyushu Institute of Technology, Graduate School of Computer Science and System Engineering, Department of Information System. (DOI 10.1109/APWiMob.2014.6920287)
2014 年 8 月
  Reliable Transmission with Multipath and Redundancy for Wireless Mesh Networks
Shi Wenze, Takeshi Ikenaga, Daiki Nobayashi, Xinchun Yin, Yebin Xu
The 5th International Workshop on Wireless Networks and Multimedia (WNM-2014), pp. 775 - 767, Aug. 24 - 27, 2014
2014 年 8 月
  Network Capacity Expansion Methods based on Efficient Channel Utilization for Multi-Channel Wireless Backbone Network
Masaki Tagawa, Yutaro Wada, Yuzo Taenaka, Kazuya Tsukamoto
The 2014 International Workshop on Smart Complex Engineered Networks (SCENE), CD-ROM (Aug. 2014)
2014 年 8 月
  A Self-adaptive Reliable Packet Transmission Scheme for Wireless Mesh Networks
Shi Wenze, Takeshi Ikenaga, Daiki Nobayashi, Xinchun Yin, Yebin Xu
The 5th International Workshop on Wireless Networks and Multimedia (WNM-2014), pp. 781 - 793, Aug. 24 - 27, 2014
2014 年 8 月
  Evolving Fair Linear Regression for the Representation of Human-Drawn Regression Lines
Mario Köppen, Kaori Yoshida and Kei Ohnishi
In 2014 International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2014), pages 296-303. IEEE, September 2014
2014 年 9 月
  Comparison of DTN Routing Protocols in Realistic Scenarios
Agussalim, Masato Tsuru
Proc. the 6th Intl Workshop on Information Network Design (WIND’14) in conjunction with IEEE INCoS 2014, pp.400-405, Sept 2014. (Salerno, Italy) (DOI 10.1109/INCoS.2014.80)
2014 年 9 月
  An Effectiveness Evaluation of PLC/WLAN Cooperative Transmission Scheme under Practical Network Environment
A. Muniz, K. Tsukamoto, K. Kawahara, and Y. Oie

2014 年 9 月
  An adaptive channel utilization method with traffic balancing for multi-hop multi-channel wireless backbone network
Yuzo Taenaka and Kazuya Tsukamoto
International Conference on Software-Defined and Virtualized Future Wireless Networks (SDWN), CD-ROM, Rome, Italy (Oct. 2014)
2014 年 10 月
  Particular Fine-Grained Parallel GA for Simulation Study of Distributed Human-Based GA
Junya Okano, Kota Hamano, Kei Ohnishi, and Mario Koeppen
The 2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2014), San Diego, CA, USA, October 5-8, 2014.
2014 年 10 月
  Experimental deployment of a multi-channel wireless backbone network based on an efficient traffic management framework
Yuzo Taenaka, Masaki Tagawa, Kazuya Tsukamoto
5th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (in conjunction with 10th 3PGCIC-2015 Conference), CD-ROM, Guangzhou University, China (Nov. 2014)
2014 年 11 月
  Ensemble Relations for Resource Allocation Tasks
Mario Koeppen, Kei Ohnishi, Masato Tsuru
Proc. the 14th International Conference on Intelligent Systems Design and Applications (ISDA’14), pp.129-133, Nov 2014. (Okinawa, Japan)
2014 年 11 月
  Human-based Genetic Algorithm for Facilitating Practical Use of Data in the Internet
Ryosuke Hasebe, Rina Kouda, Kei Ohnishi, and Masaharu Munetomo
Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS2014), Kitakyushu, Japan, December 3-6, 2014
2014 年 12 月
  The Continuity of Out-of-band Remote Management across Virtual Machine Migration in Clouds
Sho Kawahara and Kenichi Kourai
the 7th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing
2014 年 12 月
  Evolution of Developmental Timing for Solving Hierarchically Dependent Deceptive Problems
Kouta Hamano, Kei Ohnishi, and Mario Koeppen
The Tenth International Conference on Simulated Evolution And Learning (SEAL 2014), Dunedin, New Zealand, December 15-18, 2014.
2014 年 12 月
   
 
著書
  該当の業績は0件です。
   
 
招待講演など
  該当の業績は0件です。
   
 
国内研究会
  該当の業績は 40 件です。
  無線バックボーンネットワークの多チャネル有効利用技 術(依頼展示)
妙中 雄三、 塚本 和也
信学技報、 vol. 114、 no. 44、 SR2014-1、 pp. 1-8、(神奈川県)(2014年5月)
2014 年 5 月
  階層型だまし問題に対する発生タイミング進化アプローチ
浜野 倖太, 大西 圭
第7回進化計算学会研究会, 大阪府大阪市, 2014年8月28-29日.
2014 年 8 月
  動的グラフ上のランダムウォークによる解候補生成
大西 圭, 佐藤 拓也
第9回進化計算学会研究会, 兵庫県神戸市, 2014年9月7-8日
2014 年 9 月
  ビデオストリーミングアプリケーションのためのTCPスロースタート制御手法の検討
渡邊 岳,熊副 和美,カベンディッシュ ジルセウ,池永 全志,野林 大起,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.114,No.206,NS2014-94,pp.91-96(2014年9月11-12日,宮城県)
2014 年 9 月
  稠密環境でユーザのスループット改善を実 現する無線LAN管理機構の検討
上之原 宏幸,塚本 和也,尾家 祐二
電子情報通信学会九州支部学生会講演会,B-4,(鹿児島県 鹿児島大学)(2014年9月)
2014 年 9 月
  オンデマンド型無線センサーアクチュエーターノードの通信特性基礎評価
江連 裕一郎,阿部 憲一,長谷川 晃朗,池永 全志,四方 博之
2014年電子情報通信学会 ソサイエティ大会,A-22-14, (徳島) (2014年9月)
2014 年 9 月
  並列進化型P2Pネットワークの動的環境への適応
大西 圭, ケッペン マリオ
第9回進化計算学会研究会, 兵庫県神戸市, 2014年9月7-8日
2014 年 9 月
  Cognitive VANETのための共通制御チャネル選択手法
鶴 翔史,塚本 和也,鶴 正人,尾家 祐二
電子情報通信学会九州支部学生会講演会,B-3,(鹿児島県鹿児島大学)(2014年9月)
2014 年 9 月
  ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル選択方式
日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
2014年電子情報通信学会 ソサイエティ大会,B-6-45, (徳島) (2014年9月)
2014 年 9 月
  ハエのスケールフリー行動にヒントを得た解探索アルゴリズム
山門 貴幸, 浜野 倖太, 大西圭
進化計算シンポジウム2014, 広島県廿日市市, 2014年12月20-21日.
2014 年 12 月
  モバイルコア網における多様な通信フローの混在に対応するトラヒック弁別方式
鈴木理基、渡里雅史、阿野茂浩、鶴 正人
電子情報通信学会情報ネットワーク研究会, 信学技法IN2014-96, pp. 29-34, (2014年12月19日,広島県広島市)
2014 年 12 月
  キャパシティ・オンデマンド無線メッシュネットワーク実 現に向けたSDNに基づくチャネル利用制御手法(依頼講演)
妙中 雄三、塚本 和也
信学技報, vol. 114, no. 371, NS2014-151, pp. 25-30(三重県伊勢市)(2014年12月)
2014 年 12 月
  トラヒック変動を考慮したノード経路木の重畳に基づく省電力経路集約手法
坂本 智弘,川原 憲治,尾家 祐二
情報ネットワーク研究会,2014年1月22-23 信学技報 Vol. 114 No. 401 pp. 113-118 
2015 年 1 月
  オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの実証実験性能評価 (2)
渡邉 悠希,山口 真司,江連 裕一郎,四方 博之,池永 全志,長谷川 晃朗
2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-41, (草津) (2015年3月)
2015 年 3 月
  オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの構築と実証実験による評価
阿部 憲一,江連 裕一郎,長谷川 晃朗,池永 全志,四方 博之
電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 114, no. 477, NS2014-251, pp. 433-438,2015年3月
2015 年 3 月
  実空間グループコミュニケーションのための情報通信基盤の提案
永田 晃,嶋村 昌義,石西 洋,中村 勝一,藤 ひとみ,光石 雅弥,野林 大起,塚本 和也,池永 全志,尾家 祐二
電子情報通信学会 2015年 総合大会, B-16-1,(滋賀)(2015年3月)
2015 年 3 月
  実空間情報連動型ネットワークシステムの提案およびユーザグループ生成方式の評価
嶋村 昌義,永田 晃,石西 洋,中村 勝一,藤 ひとみ,光石 雅弥,野林 大起,塚本 和也,池永 全志,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 114, no. 477, NS2014-215, pp. 221-226,2015年3月
2015 年 3 月
  オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの実証実験性能評価
江連 裕一郎,阿部 憲一,長谷川 晃朗,池永 全志,四方 博之
2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-40, (草津) (2015年3月)
2015 年 3 月
  実空間グループコミュニケーションのための効率的な情報収集手法の提案
藤 ひとみ、塚本 和也、尾家 祐二、石西 洋、中村 勝一
信学技報、Vol. 114、No. 477、NS2014-216、pp.227-232(沖縄県宜野湾市)(2015年3月)
2015 年 3 月
  実空間グループコミュニケーションのための効率的な情報収集手法の提案
藤 ひとみ、塚本 和也、尾家 祐二、石西 洋、中村 勝一
2015年電子情報通信学会 総合大会(滋賀県草津)(2015年3月)
2015 年 3 月
  実空間グループコミュニケーションにおける情報配信のための経路制御情報削減手法の検討
光石 雅弥,野林 大起,池永 全志,尾家 祐二,中村 勝一,石西 洋
電子情報通信学会 2015年 総合大会,B-16-3,(滋賀) (2015年3月)
2015 年 3 月
  実空間グループコミュニケーションにおける情報配信のための経路制御手法
光石 雅弥,野林 大起,池永 全志,尾家 祐二,中村 勝一,石西 洋
電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 114, no.477, NS2014-217, pp. 233-238, 2015年3月
2015 年 3 月
  Node Location-Dependent Remaining TTL-Based Buffer Management for Delay Tolerant Networks
Agussalim, Masato Tsuru
IEICE 総合大会
2015 年 3 月
  Inferring Origin-Destination Traffic Matrix with Partial Observation on OpenFlow Networks
Shota Yamashita, Masato Uchida, Masato Tsuru
IEICE 総合大会
2015 年 3 月
  Two-tier Common Control Channel Scheme for CogVANET - Basic Performance Evaluation
Shoji Tsuru, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru, Yuji Oie
IEICE General Conference (滋賀県草津市)(2015年3月)
2015 年 3 月
  トラヒック変動を考慮した省電力化のためのフローベース経路制御手法
織田 翔太,野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 495, IA2014-95, pp. 41-46
2015 年 3 月
  Cognitive VANETのための2階層共通制御チャネル選択手法
鶴 翔史,塚本 和也,鶴 正人,尾家 祐二
信学技報,vol. 114,No. 477,NS2014-231,pp. 313-318 (沖縄県宜野湾市)(2015年3月)
2015 年 3 月
  コグニティブ無線環境における制御チャネル統合のための時分割方式の検討
鷹取 奨,川原 憲治,塚本 和也,尾家 祐二
情報ネットワーク研究会,信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-155, pp. 203-208, 2015年3月
2015 年 3 月
  車車間通信のためのホワイトスペースデータベース連携型データチャネル選択手法
中尾 仁,塚本 和也
火の国情報シンポジウム2015(2015年3月5日〜3月6日,佐賀大学)
2015 年 3 月
  ROD-SAN における送信チャネル切替によるマルチホップ転送性能の改善
古里 亘,日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-31, (草津) (2015年3月)
2015 年 3 月
  P2Pネットワークにおける文法進化に基づくプログラム自動生成手法の提案
前川 海, 大西 圭
第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集, 福岡県北九州市, 2015年3月.
2015 年 3 月
  画像圧縮率に基づく画像分類の有効性評価
宇留島 智紀, 坂戸 響, 大西 圭
第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集, 福岡県北九州市, 2015年3月.
2015 年 3 月
  相互評価データ可視化システムのレポート作成支援への応用
植木 勇太, 前川 海, 大西 圭
第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会予稿集, 福岡県北九州市, 2015年3月.
2015 年 3 月
  OpenFlowを用いたマルチホップ無線ネットワークにおける制御トラヒック削減手法の検討
水山 一輝,和田 祐太郎,田川 真樹,妙中 雄三,塚本 和也
情報ネットワーク研究会,信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-221, pp. 257-262, 2015年3月
2015 年 3 月
  ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル切替判定方式
日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-32, (草津) (2015年3月)
2015 年 3 月
  無線LANにおける同一ペイロードパケット削減による転送効率化方式
山口 裕樹,野林 大起,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 477, NS2014-235, pp. 337-342
2015 年 3 月
  ビデオストリーミングアプリケーションのためのTCP輻輳制御手法の検討
渡邊 岳,熊副 和美,カベンディッシュ ジルセウ,池永 全志,野林 大起,尾家 祐二
電子情報通信学会 技術研究報告,vol.114,no.447,NS2014-210,pp.191-196
2015 年 3 月
  An In-home Performance Evaluation of PLC/WLAN Cooperative Transmission Scheme
Adriano Muniz, Kazuya Tsukamoto, Kenji Kawahara

2015 年 3 月
  ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル切替方式
日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
電子情報通信学会 技術研究報告,vol.114,no.447,NS2014-210,pp.139-144
2015 年 3 月
  時間的/空間的省電力TEにおける転送性能解析
山下 昌裕,川原 憲治
信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-134, pp. 79-84, 2015年3月. IN2014-134 2015-02-23 (IN)
2015 年 3 月
   
 
掲載予定
  該当の業績は0件です。
   
 
投稿中の論文
  該当の業績は0件です。
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  該当の業績は 10 件です。
  コグニティブ無線環境における制御チャネル用統合MACプロトコルに関する研究
鷹取 奨
修論発表
2015 年 2 月
  Cognitive VANETのための2階層共通制御チャネル選択手法の有効性評価
鶴 翔史
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 2 月
  トラヒック変動を考慮したノード経路木の重畳に基づく省電力経路集約手法に関する研究
坂本 智弘
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 2 月
  稠密無線LAN環境におけるエリアスループット向上を実現するAP選択手法
上之原 宏幸
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 2 月
  M2Mクラウドサービスに向けた通信品質要求を考慮したパケット集約手法
沢辺 亜南
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 2 月
  ロバスト性及びスループット向上を実現する自律的MPTCPパス制御手法

九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 3 月
  時間的/空間的省電力TEにおける遅延特性解析に関する研究
山下 昌裕
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 3 月
  パケットフィルタのマルチコア並列化におけるパラメタ最適化手法
吉村 亮
修士論文:九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 3 月
  OpenFlowネットワークにおける部分直接観測を利用したトラヒックフローの推定手法
山下翔太
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 3 月
  収束安定性を実現する複数チャネル無線メッシュネットワークに適したチャネル選択手法
和田 祐太郎
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2015 年 3 月
   
 
卒業学位論文
  該当の業績は 17 件です。
  端末移動時の通信スループット向上を実現する手法の検討
佐藤 宏一
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  ネットワーク省電力化のための時間的/空間的TEの性能評価に関する研究
山田 智奨
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  微細・大量データ収集における中継ノード活用方式に関する研究
照屋 惇一
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  省電力経路集約問題の定式化と解決アルゴリズムの検討に関する研究
頼近 惇志
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  マルチパスTCPを利用したEnd-to-End省電力TEの実装に関する研究
伊東拓海
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  TCP送信ノードにおける利用率推定と省電力化のための動的セグメント転送移行方式に関する研究
野田暁彦
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  Device-to-Device通信によるエリアスループット向上手法の検討
山田 晋也
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  WSDBを用いた適応的センシングによる通信時間向上手法の検討
武本 優也
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  複数経路マルチキャストによる一対多ファイル転送の分析と改良
岩本 健志
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  稠密無線LAN環境における隠れ端末問題・晒し端末問題の影響調査
新谷圭脩

2015 年 2 月
  OpenFlowベースマルチホップWMNにおける制御トラヒック削減手法の検討
水山一輝
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  省電力経路制御のためのトポロジ情報に基づく集約リンク選択方式に関する研究
星島 健汰
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  OpenFlowネットワークでの全区間パケットロス率計測の効率化
月岡 祐太
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 2 月
  実空間グループコミュニケーションのための効率的な情報収集手法の検討
藤 ひとみ
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 3 月
  NS 3-DCE による シミュレーション・エミュレーション統合の評価
Seiju Akimoto
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2015 年 3 月
  事前転送型圧縮によるボトルネック通信路改善モデル
村瀬俊昭

2015 年 3 月
  ODトラヒック行列推定における最小実効流量予測の分析と改良
若松 祐輝

2015 年 3 月
   
 
表彰
  該当の業績は 2 件です。
  電子情報通信学会 九州支部 平成26年度 学生会講演奨励賞 受賞(平成27年1月)
鶴 翔史,塚本 和也,鶴 正人,尾家 祐二
電子情報通信学会九州支部学生会講演会,B-3,(鹿児島県鹿児島大学)(2014年9月)
2015 年 1 月
  電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞
鈴木理基、渡里雅史、阿野茂浩、鶴 正人
モバイルコア網における多様な通信フローの混在に対応するトラヒック弁別方式, 電子情報通信学会情報ネットワーク研究会, 信学技法IN2014-96, pp. 29-34, (2014年12月19日,広島県広島市)
2015 年 3 月
   
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.