大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
   
研究業績

尾家・塚本研ホームページ > 研究業績 > 2016年度研究業績


学術論文
  Design and Experimental Evaluation of a Database-Assisted V2V Communications System over TV White Space
Onur Altintas, Toshihiko Watanabe, Haris Kremo, Hideaki Tanaka, Hitoshi Nakao, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru
Springer Journal of Signal Processing Systems 83(1):45--55, 2016. (Online 2015/09/11, DOI:10.1007/s11265-015-1035-z)
2016 年 4 月
  Elastic and adaptive resource orchestration architecture on 3-tier network virtualization model
M. Shimamura, H. Yamanaka, A. Nagata, K. Iida, E. Kawai, M. Tsuru
IEICE Trans. Information and Systems E99-D(4):1127-1138, Apr. 2016. (Online 2016/01/18, DOI:10.1587/transinf.2014EDP7321)
2016 年 4 月
  Radio on Demand Networks 技術による無線アクセスネットワークの省電力化
池永 全志,四方 博之,長谷川 晃朗,阿部 憲一,野林 大起,伊藤 哲也
電子情報通信学会論文誌B Vol.J99-B, No.4, pp.261-274, 2016年4月
2016 年 4 月
  Spray Router with Node Location Dependent Remaining-TTL Message Scheduling in DTNs
Agussalim and Masato Tsuru
IPSJ Journal of Information Processing, Vol.24, No.4, pp.647-659, July 2016. (DOI: 10.2197/ipsjjip.24.647)
2016 年 7 月
  ネットワーク制御における資源共有と公平性
鶴 正人, 岩本 健志
電子情報通信学会論文誌 J99-B(10):812-822, 2016年10月. (DOI: 10.14923/transcomj.2016IAI0001)
2016 年 10 月
  ROD 無線 LAN における消費電力削減のための代理応答手法
野林 大起,福田 豊,池永 全志
電子情報通信学会論文誌B Vol.J99-B, No.10, pp.908-910, 2016年10月
2016 年 10 月
  Efficient QoS-aware Packet Chunking Scheme for M2M Cloud Services
Anan Sawabe, Kazuya Tsukamoto, Yuji Oie
Wiley Journal of Concurrency and Computation: Practice and Experience, Accepted,Nov., 2016.
2016 年 11 月
  On-demand Hybrid Routing for Cognitive Radio Ad-Hoc Network
M. Zareei, E. M. Mohamed, M. H. Anisi, C. V. Rosales, K. Tsukamoto, and M. K. Khan
IEEE Access,vol. 4, pp. 8294-8302, 2016., doi: 10.1109/ACCESS.2016.2626721
2016 年 12 月
  Effective data collection scheme for real-spatial group communication over hybrid infra-ad hoc wireless networks
H. Fuji, K. Tsukamoto, Y. Oie, A. Nagata, K. Nakamura
IEICE Communications Express
2016 年 12 月
  Towards Practical Store-carry-forward Networking: Examples and Issues
M. Tsuru, M. Takai, S. Kaneda, Agussalim, R. A. Tsiory
IEICE Trans. Commu. E100-B(1):2-10, Jan. 2017.(DOI:10.1587/transcom.2016CQI0001)
2017 年 1 月
  TCP Network Coding with Enhanced Retransmission for heavy and bursty loss
Nguyen Viet Ha, Kazumi Kumazoe and Masato Tsuru
IEICE Transactions on Communications, (Online 2016/08/09, DOI: 10.1587/transcom.2016EBP3101), E100-B(2):293-303.
2017 年 2 月
   
 
国際会議
  Message Transmission Scheduling on Tandem Multi-hop Lossy Wireless Links
Agussalim and Masato Tsuru
Proc. the 14th IFIP WG 6.2 International Conference (WWIC 2016), Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 9674, pp.28-39, Springer, April 2016. (DOI: 10.1007/978-3-319-33936-8_3)
2016 年 4 月
  Spray and Hop Distance Routing Protocol in Multiple-island DTN Scenarios
Agussalim and Masato Tsuru
Proc. the 11th ACM International Conference on Future Internet Technologies (CFI-2016), pp.49-55, June 2016. (DOI: 10.1145/2935663.2935668)
2016 年 6 月
  Non-swarm Intelligence Search Algorithm Based on the Foraging Behaviors of Fruit Flies
Kei Ohnishi, Akihiro Fujiwara, and Koeppen Mario
2016 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC2016), pp.1509-1516, Vancouver, Canada, July 24-29, 2016.
2016 年 7 月
  Regional InfoHubs by Vehicles: Balancing Spatio-Temporal Coverage and Network Load
Takamasa Higuchi, Ryokichi Onishi, Onur Altintas, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Kazuya Tsukamoto
Proc. of The ACM First International Workshop on Internet of Vehicles and Vehicles of Internet (IoV-VoI ’16), pp. 25-30, New York, NY, USA, Jul., 2016, DOI: http://dx.doi.org/10.1145/2938681.2938688
2016 年 7 月
  Making TCP/NC adjustable to time varying loss rates
Nguyen Viet Ha, Kazumi Kumazoe and Masato Tsuru
The Eighth International Workshop on Information Network Design (WIND-2016), pp.457-462. DOI: 10.1109/INCoS.2016.77
2016 年 9 月
  Distribution Visualization for User Behavior Analysis on LTE Network
Masaki Suzuki, Quentin Plessis, Takeshi Kitahara, Masato Tsuru
Proc. the 28th IFIP International Conference on Testing Software and Systems (ICTSS-2016), LNCS 9976, pp.249-255, October 2016. (DOI: 10.1007/978-3-319-47443-4_18)
2016 年 10 月
  Performance Characterization of Streaming Video over Multipath TCP
Ryota Matsufuji, Dirceu Cavendish, Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
Proc. of The Seventh International Conference on Evolving Internet (INTERNET 2016), Nov. 2017
2016 年 11 月
  TCP with network coding meets loss burstiness estimation for lossy networks
Nguyen Viet Ha, Kazumi Kumazoe and Masato Tsuru
The 11th International Conference On Broad-Band Wireless Computing, Communication And Applications (BWCCA-2016), pp.303-314, DOI:10.1007/978-3-319-49106-6_28
2016 年 11 月
  One-to-many File Transfers Using Multipath-Multicast With Coding at Source
Kyohei Ogawa,Takeshi Iwamoto,Masato Tsuru
High Performance Computing and Communications; IEEE 14th International Conference on Smart City; IEEE 2nd International Conference on Data Science and Systems (HPCC/SmartCity/DSS), 2016 IEEE 18th International Conference on, pp.687-694 DOI:10.1109/HPCC-SmartCity-DSS.2016.0101
2016 年 12 月
  Field Tests and Indoor Emulation of Real-Spatial Information Based Group Communication
A. Nagata, K. Nakamura, H. Fuji, D. Nobayashi, K. Tsukamoto, T. Ikenaga
Proc. of IEEE percom 2017 (Demo session), Accepted, Big Island, Hawaii, USA, Mar. 2017.
2017 年 3 月
  Estimation Based Adaptable Flow Aggregation Method for Reducing Control Traffic on Software Defined Wireless Networks
Kazuki Mizuyama, Yuzo Taenaka, and Kazuya Tsukamoto
Proc. of The 8th International Workshop on Information Quality and Quality of Service for Pervasive Computing In conjunction with IEEE PerCom 2017, March 13-17, 2017.
2017 年 3 月
  A Generation Gap Model for a Human-based Evolutionary Algorithm Using a Tag Cloud
Masatomo Azumaya and Kei Ohnishi
Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS2016), pp.880-850, Sapporo, Japan, August 25-28, 2016.
2017 年 3 月
  Effective Data Collection Scheme for Real-Spatial Group Communication Among Mobile Nodes
H. Fuji, K. Tsukamoto, A. Nagata, K. Nakamura
Proc. of Workshop on IoT Infrastructures and Data Analytics for Smart Cities in ICIN Conference Innovations in Clouds, Internet and Networks, Accepted, Paris, France, Mar. 2017.
2017 年 3 月
   
 
著書
  無線ネットワークシステムの仕組み -IoTを支える基盤技術-
塚本 和也(著)、尾家祐二(コーディネータ)
共立スマートセレクション, 共立出版 2017年3月出版, ISBN:978-4-320-00915-8
2017 年 3 月
   
 
招待講演など
  該当の業績は0件です。
   
 
国内研究会
  複数経路マルチキャストを利用した多対多ファイル転送システムの試作
岡本洋平、岩本健志、小川 恭平、鶴正人
信学技報, vol. 116, no. 10, CQ2016-11, pp. 61-66, 2016年4月.
2016 年 4 月
  チャネルボンディングの実用性に関する実験評価と一検討
野林 大起,福田 豊,塚本 和也,藤井 一樹,田村 瞳,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 116, No. 111, NS2015-42, pp.79-84, 2016年6月
2016 年 6 月
  時空間データ滞留のための 車両ノード密度に応じたデータ送信制御手法の検討
手柴 弘樹,野林 大起,塚本 和也,池永 全志,樋口 雄大,アルトゥンタシュ オヌル
電子情報通信学会,信学技報 vol. 116, no. 111, NS2016-46, pp. 101-106, 北海道大学, 2016年6月
2016 年 6 月
  複数経路マルチキャスト一対多ファイル転送における始点ネットワーク 符号化の特性評価
小川 恭平 岩本 健志 鶴 正人
電子情報通信学会信学技報 Vol.116 No.161
2016 年 7 月
  協調型インタラクティブ進化計算実行チームの形成支援システム
大西 圭,栗栖 万理子,佐藤 太河,高木 英行
第32回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.225-230, 佐賀県佐賀市, 2016年8月31日-9月2日.
2016 年 8 月
  自己組織化マップを用いた相互評価可視化システムのプレゼンテーションスキル育成への応用
植木 勇太, 大西 圭
第32回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.407-412, 佐賀県佐賀市, 2016年8月31日-9月2日.
2016 年 8 月
  分散型人間ベース進化計算のシミュレーションモデル構築
大西 圭,岡野 純也
第32回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.231-236, 佐賀県佐賀市, 2016年8月31日-9月2日.
2016 年 8 月
  実空間情報連動型ネットワークシステムの実機実験
永田 晃,中村 勝一,藤 ひとみ,野林 大起,塚本 和也,池永 全志
電子情報通信学会 2016年 ソサイエティ大会,B-14-4, 2016年9月
2016 年 9 月
  Search in a Hybrid P2P System Using a Node Map Formed by a Self-Organizing Map
Kei Ohnishi and Hiroshi Yamamoto
International journal of Soft Computing and Networking, Vol.1, No.1, pp.82-110
2016 年 9 月
  遺伝的クラスタリングに基づくリンケージ同定
大西 圭
第11回進化計算学会研究会, pp.145-151, 兵庫県神戸市, 2016年9月14-15日.
2016 年 9 月
  802.11ac チャネルボンディングの通信状況調査 ―実装の違いによる影響調査―
田村 瞳, 野林 大起, 塚本 和也
電子情報通信学会 2016年 ソサイエティ大会,B-16-11, 2016年9月
2016 年 9 月
  ボンディング幅が異なる通信が混在する環境における 802.11ac の性能調査
野林 大起,福田 豊,塚本 和也,藤井 一樹,田村 瞳,池永 全志
電子情報通信学会 2016年 ソサイエティ大会,B-16-10, 2016年9月
2016 年 9 月
  Software Defined Wireless Networkにおける制御トラヒック削減とチャネル有効利用を両立したフロー集約手法 ~マルチチャネル無線メッシュネットワークにおける有効性評価~
水山 一輝,妙中 雄三,塚本 和也
電子情報通信学会 信学技報, vol. 116, no. 230, NS2016-85, pp. 61-66, 東北大学, 2016年9月.
2016 年 9 月
  DNS通信解析に基づくドメイン生成型ボットネットの検出
佐藤 彰洋, 中村 豊, 野林 大起, 池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 247, IA2016-24, pp. 13-16, 2016年10月
2016 年 10 月
  Software Defined WMNにおける無線干渉度合の推定および干渉回避制御に関する初期検討
濱中 寿樹,妙中 雄三,塚本 和也,中山 雅哉
電子情報通信学会 信学技報, vol. 116, no. 256, NS2016-93, pp. 29-34, 姫路・西はりま地場産業センター(兵庫県)
2016 年 10 月
  セルオートマトンを用いる確率モデル構築型遺伝的アルゴリズム
吉野 颯, 佐藤 拓也, 大西 圭
進化計算シンポジウム 2016, pp.313-323, 千葉県長生郡, 2016年12月10-11日
2016 年 12 月
  自律ロボットによる人工林観測における木の位置同定手法
佐藤 宏一,塚本 和也,鶴 正人
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116 No.428 ISSN0913-5685, pp.89-94 (2017 年 1 月 26-27日,鹿児島県)
2017 年 1 月
  数珠つなぎセンサーネットワークのためのメッセージ転送スケジュールと前方消失訂正
松原 尚平、鶴 正人
電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116 No.428 ISSN0913-5685, pp.1-6 (2017 年 1 月 26-27日,鹿児島県)
2017 年 1 月
  Parallel Evolutionary Peer-to-Peer Networking in Realistic Environments
Kei Ohnishi
Applied Computational Intelligence and Soft Computing, Volume 2017 (2017), Article ID 4169152, 17 pages, 26 January 2017
2017 年 2 月
  蓄積運搬形島間ファイル転送におけるネットワーク符号化の有効性
Rabenirina Aina Tsiory, Masato Tsuru
社団法人 電子情報通信学会 信学技報 CQ2016-84(2016-11)
2017 年 3 月
  パケットリオーダリングがTCPに与える影響調査
福田 豊,野林 大起,池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告
2017 年 3 月
  稠密無線LAN環境でのAirtime Fairnessを実現するAP/STA協調型AP選択手法
山田晋也, 塚本和也
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 2017年3月
2017 年 3 月
  市街地におけるWiFiネットワーク 環境の利用状況の変化に関する実験評価 −北九州小倉北区魚町銀天街における実験−
綾部 智仁, 田村 瞳, 野林 大起, 塚本 和也
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 2017年3月
2017 年 3 月
  Multi-Radio Software Defined WMN における無線干渉回避制御手法の性能評価
濱中寿樹, 妙中雄三, 塚本和也, 中山雅哉
電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 2017年3月
2017 年 3 月
  IEEE802.11ac性能評価実験に基づくチャネル割当て方式の検討
竹川拳太朗, 野林大起, 福田 豊, 塚本和也, 藤井一樹, 田村 瞳, 池永全志
電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会
2017 年 3 月
  実空間情報連動型ネットワークシステムにおける複数グループを考慮した経路制御手法
岩本 紋穂, 池永 全志, 野林 大起, 永田 晃, 中村勝一
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-189, pp. 181-186, 2017年3月
2017 年 3 月
  ドメイン生成型ボットネットの分析と検出
佐藤 彰洋, 中村 豊, 野林 大起, 池永 全志
電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 491, IA2016-99, pp. 47-50, 2017年3月
2017 年 3 月
  r-Space による実空間グループコミュニケーションの実証実験
永田 晃, 中村 勝一, 藤 ひとみ, 野林 大起, 塚本 和也, 池永 全志
電子情報通信学会 2017年 総合大会, B-16-10, 2017年3月
2017 年 3 月
  マルチパス TCP を用いたビデオストリーミング品質特性評価
松藤 諒太, カベンディッシュ ジルセウ, 熊副 和美, 野林 大起, 池永 全志
電子情報通信学会 2017年 総合大会, BS-5-12, 2017年3月
2017 年 3 月
  解の表現としてタグと文章が可能な人間ベース進化計算
東屋 斉伴, 大西 圭, 吉川 大弘
第12回進化計算学会研究会, 福岡県福岡市, 2017年3月13-14日.
2017 年 3 月
  二人ゲーム形式の進化的協調最適化
松本 涼平, 上村 桃子, 大西 圭, 渡邉 真也
第12回進化計算学会研究会, 福岡県福岡市, 2017年3月13-14日.
2017 年 3 月
  動的グラフ上のランダムウォークに基づく数値最適化
佐藤 拓也, 大西 圭
第12回進化計算学会研究会, 福岡県福岡市, 2017年3月13-14日.
2017 年 3 月
  無線網を用いた微細・大量データ収集における重複データ集約/中継方式
照屋 惇一, 川原 憲治
電子情報通信学会, 情報ネットワーク研究会, 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-137, pp. 239-244, 2017年3月.
2017 年 3 月
  Multi-Path TCPを利用したEnd-to-End省電力TEの実装
伊東拓海 川原憲治
電子情報通信学会, 情報ネットワーク研究会, 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-146, pp. 293-298, 2017年3月
2017 年 3 月
  省電力 TCP における動的セグメント転送移行とウインドウサイズ増加の ための経路利用率推定方法
野田 暁彦,川原 憲治
電子情報通信学会 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-148, pp. 305-310, 2017年3月.
2017 年 3 月
  省電力経路集約における転送性能を考慮した利用リンク決定アルゴリズム
頼近 惇志, 川原 憲治
電子情報通信学会 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-148,pp. 389-394, 2017年3月.
2017 年 3 月
  データベース/協調センシング連携による効率的な車車間通信用データチャネル選択手法
武本 優也,塚本 和也
信学技報,vol. 116,No. 484,NS2016-163,pp. 35-40 (沖縄県中頭郡読谷村)(2017年3月)
2017 年 3 月
  多様な通信品質要求を考慮した実空間グループコミュニケーションのための動的情報収集手法
藤ひとみ,塚本和也,永田晃,中村勝一
ネットワークシステム研究会
2017 年 3 月
   
 
掲載予定
  該当の業績は0件です。
   
 
投稿中の論文
  該当の業績は0件です。
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  稠密無線LAN環境でのAirtime Fairnessを実現する分散協調型AP選択手法
山田晋也

2017 年 2 月
  自律移動ロボットの観測データを用いた人工林内の木の位置同定手法
佐藤 宏一
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  OD トラヒック行列の流量平均推定における複数推定の統合手法
若松 祐輝
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  複数経路マルチキャストによる一対多ファイル転送のスケジュール生成と探索
岩本 健志
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  ネットワーク省電力化のための時間的/空間的TEに関する研究
山田 智奨
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  無線網を用いた微細・大量データ収集における重複集約/中継方式に関する研究
照屋 惇一
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  マルチパスTCPを利用したEnd-to-End省電力TEの実現に関する研究
伊東拓海
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  省電力 TCP における動的セグメント転送移行と ウインドウサイズ増加のための経路利用率推定方法に関する研究
野田 暁彦
九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文
2017 年 2 月
  車車間通信のためのデータベース/センシング連携型データチャネル選択手法
武本 優也

2017 年 2 月
  Multi-Radio Software Defined Wireless Network におけるチャネル有効利用のための動的フロー集約手法
水山 一輝
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  OpenFlowでの全リンクパケットロス率監視のための追加計測の効率化
月岡祐太
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  オンデマンド型実空間グループコミュニケーションのための動的情報収集手法
藤 ひとみ
九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文
2017 年 2 月
  省電力経路集約における転送性能を考慮した利用リンク決定アルゴリズムに関する研究
頼近惇志

2017 年 3 月
   
 
卒業学位論文
  遅延ベースTCPにおける省電力化手法の性能評価に関する研究
大迫 結花
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  OpenFlowネットワークにおけるスイッチ間パケット遅延変動の推定
永田 隼也
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  無線通信経路の帯域とロス率を考慮した圧縮と消失パケットの回復
桑原 佳久
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  省電力MPTCPにおける複数コネクション確立手法に関する研究
品川 順哉
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  4Gネットワークにおける障害時の異種トラヒック収容率評価に関する研究
青山 寛樹
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  省電力経路集約における最短経路木構成方式に関する研究
山田 真之
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  5Gネットワークにおける異種無線アクセス網の協調手法に関する研究
後藤 健至
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  Multi-radio SD-WMN広域展開のための電波到達範囲を考慮した フロー制御手法
高橋 翔
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  複数経路マルチキャストを利用した 多対多ファイル転送での送信順序決定手法
下留 諒
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 2 月
  ODトラヒック行列における時間相関を利用したフロー流量の推定(in Japanese)
岡本 竜輝
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 3 月
  エッジコンピューティングを活用したPub/Subメッセージモデルの基礎特性評価
樋口 伸伍
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 3 月
  複数経路マルチキャスト利用した一対多ファイル転送へのゴシッピング導入
平良 憲司
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文
2017 年 3 月
  Multi-radio SD-WMNの通信品質向上のためのフロー制御手法のパラメータ設定指針の検討
江藤祐慈

2017 年 3 月
   
 
表彰
  IFIP ICTSS-2016 Best Short Paper Award
Masaki Suzuki, Quentin Plessis, Takeshi Kitahara, Masato Tsuru
Distribution Visualization for User Behavior Analysis on LTE Network, Proc. the 28th IFIP ICTSS, LNCS 9976, pp.249-255.
2016 年 10 月
  電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 英語セッション奨励賞
Hitoshi Nakao, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru, Yuji Oie
A Database-Assisted Collision Aware Data Channel Selection for V2V Communication: Practical Evaluation,IEICE General Conference 2016,2016 March
2016 年 10 月
  電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 ネットワークシステム研究賞
水山 一輝,妙中 雄三,塚本 和也
Software Defined Wireless Networkにおける制御トラヒック削減とチャネル有効利用を両立したフロー集約手法〜 マルチチャネル無線メッシュネットワークにおける有効性評価 〜,電子情報通信学会 信学技報, vol. 116, no. 230, NS2016-85, pp. 61-66,東北大学,2016年9月.
2017 年 3 月
   
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.