大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績

塚本研ホームページ > 研究業績 > 2017年度研究業績


学術論文
  該当の業績は 2 件です。
  Group Mobility Detection and User Connectivity Models for Evaluation of Mobile Network Functions
Masaki Suzuki, Takeshi Kitahara, Shigehiro Ano, Masato Tsuru
IEEE Trans. Network and Service Management, 15 pages, to appear, online in Nov. 2017. (10.1109/TNSM.2017.2774293)
2018 年 1 月
  TCP Network Coding with Adapting Parameters for bursty and time-varying loss
Nguyen Viet Ha, Kazumi Kumazoe, Masato Tsuru
IEICE Trans. Communications E101-B(2), 13 pages. (Online 2017/07/27, 10.1587/transcom.2017EBP3010)
2018 年 2 月
   
 
国際会議
  該当の業績は 8 件です。
  Adaptive Data Transmission Control for Reliable and Efficient Spatio-Temporal Data Retention by Vehicles
Hiroki Teshiba, Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto and Takeshi Ikenaga
Proc. The Sixteenth International Conference on Networks, Venice, Italy, April 23 - 27, 2017
2017 年 4 月
  Benefits of Multiply-cascaded TCP Tunnel with Network Coding over Lossy Networks
Nguyen Viet Ha, Kazumi Kumazoe, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru
Proc. the 15th IFIP International Conference on Wired/Wireless Internet Communications (WWIC’17), LNCS volume 10372, pp.247-258, June 2017. (10.1007/978-3-319-61382-6_20).
2017 年 6 月
  Masking Lossy Networks by TCP Tunnel with Network Coding
Nguyen Viet Ha, Kazumi Kumazoe, Kazuya Tsukamoto, Masato Tsuru
Proc. the 22nd IEEE Symposium on Computers and Communications (ISCC’17), pp.1292-1297, Jul 2017.
2017 年 7 月
  Fairness Aspects of Secondary Radio Spectrum Access
Mario Koeppen, Masato Tsuru
Proc. the 9th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS-2017), Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies (LNDECT) volume 8, pp.445-455, Aug 2017. (10.1007/978-3-319-65636-6_40)
2017 年 8 月
  When Does Network Coding Benefit Store-Carry-and-Forwarding Networks in Practice?
Rabenirina Aina Tsiory, Masato Tsuru, Agussalim
Proc. the 9th International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS-2017), Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies (LNDECT) volume 8, pp.434-444, Aug 2017. (10.1007/F978-3-319-65636-6_39)
2017 年 8 月
  VANET based Effective Data Transmission Control for Spatio-Temporal Data Retention System
Hiroki Teshiba, Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto and Takeshi Ikenaga
Proc. SmartCom 2017, Rome, Italy, Oct 2017
2017 年 10 月
  Perormance evaluation of 920MHz band communication for underground infrastructure monitoring
Yuri Fujisaki, Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto, Takeshi Ikenaga
IEICE Technical Report SR2017-86,SRW2017-36(2017-10)
2017 年 10 月
  The Impact of Message Transmission Scheduling in DTN Message Delivery Across Multiple Islands
Agussalim, Masato Tsuru, Armin Lawi
Proc. 2017 IEEE Asia Pacific Conference on Wireless and Mobile (APWiMob’17), 7 pages, Nov. 2017.
2017 年 11 月
   
 
著書
  該当の業績は0件です。
   
 
招待講演など
  該当の業績は0件です。
   
 
国内研究会
  該当の業績は 6 件です。
  地中インフラ監視システムへの920MHz帯無線通信の導入可能性調査
藤崎邑吏,野林大起,塚本和也,池永全志,道脇晋太郎,尾造宏之
電子情報通信学会信学技報, vol. 117, no. 3, NS2017-12, pp. 67-72, 2017年4月.
2017 年 4 月
  部分競合発生下のダイナミックチャネルボンディングの性能評価 〜 待ち行列理論によるアプローチ 〜
佐藤 憲治、田村 瞳、塚本 和也
信学技報, vol. 117, no. 86, NS2017-25, pp. 17-22, 2017年6月.
2017 年 6 月
  車両を用いた時空間データ滞留のための効率的なデータ送信制御手法
手柴 弘樹, 野林 大起,塚本 和也,池永 全志
電子情報通信学会 2017年 ソサイエティ大会,B-6-31, 2017年9月
2017 年 9 月
  マルチパス TCP を利用した End-to-End 空間的統括 TE
波左間 貴大,川原 憲治
電子情報通信学会 2017年 ソサイエティ大会,B-7-18, 2017年9月
2017 年 9 月
  省電力TCPにおける動的ウィンドウサイズ増加制御方式の検討
柳瀬亘汰,川原憲治
電子情報通信学会 2017年 ソサイエティ大会,B-7-17, 2017年9月
2017 年 9 月
  競合発生下のスタティックチャネルボンディングを有効活用するチャネル利用方法に関する一考察
梶原沙恵,野林大起,塚本和也
信学技報, vol. 117, no. 262, NS2017-100, pp. 59-60, 2017年10月.
2017 年 10 月
   
 
掲載予定
  該当の業績は0件です。
   
 
投稿中の論文
  該当の業績は0件です。
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
卒業学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
表彰
  該当の業績は 1 件です。
  Best Workshops Paper Award
Rabenirina Aina Tsiory, Masato Tsuru, Agussalim
When Does Network Coding Benefit Store-Carry-and-Forwarding Networks in Practice?, Proc. INCoS-2017, pp.434-444, Toronto, Canada, Aug 24, 2017.
2017 年 8 月
   
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.