研究業績

学術論文

  1. ROD 無線 LAN における消費電力削減のための代理応答手法
    野林 大起,福田 豊,池永 全志
    電子情報通信学会論文誌B Vol.J99-B, No.10, pp.908-910, 2016年10月
    2016 年 10 月

  2. ROD-SAN: Energy-Efficient and High-Response Wireless Sensor and Actuator Networks Employing Wake-Up Receiver
    Hiroyuki YOMO, Takahiro KAWAMOTO, Kenichi ABE, Yuichiro EZURE, Tetsuya ITO, Akio HASEGAWA, Takeshi IKENAGA
    IEICE Transactions on Communications, Vol.E99-B, No.9, pp.1998-2008, Sep. 2016
    2016 年 9 月

  3. Radio on Demand Networks 技術による無線アクセスネットワークの省電力化
    池永 全志,四方 博之,長谷川 晃朗,阿部 憲一,野林 大起,伊藤 哲也
    電子情報通信学会論文誌B Vol.J99-B, No.4, pp.261-274, 2016年4月
    2016 年 4 月

  4. A New Approach to Identify User Authentication Methods toward SSH Dictionary Attack Detection
    Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
    IEICE Transactions on Information and Systems
    2015 年

  5. A Flow-Based Detection Method for Stealthy Dictionary Attacks against Secure Shell
    Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
    Journal of Information Security and Applications
    2015 年

  6. A design and prototyping of in-network processing platform to enable adaptive network services
    Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga, Masato Tsuru
    IEICE Trans. Inf. & Syst., E96–D(2):238-248, February 2013.
    2013 年 2 月

  7. Splitting TCP connections adaptively inside networks
    M. Shimamura, T. Ikenaga, M. Tsuru
    IEICE Trans. Inf. & Syst., E95-D(2), Feb 2012. (DOI: 10.1587/transinf.E95.D.542)
    2012 年 2 月

  8. Disjoint Path Routing for Multi-Channel Multi-Interface Wireless Mesh Network
    Takeshi Ikenaga, Koji Tsubouchi, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda
    International Journal of Computer Networks & Communications, Vol.3, No.2, pp.165-178, March 2011.
    2011 年 3 月

  9. Performance Evaluation of Single-Channel Multi-Rate Communication in Wireless LANs
    Takeshi Ikenaga, Fumie Miki, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda
    International Journal of Research and Reviews in Computer Science, Vol.2, No.1, pp.168-172, March 2011.
    2011 年 3 月

  10. Compressing Packets Adaptively Inside Networks
    Masayoshi Shimamura, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga, Masato Tsuru
    IEICE Transactions on Communications (Special section on New Generation Network towards Innovative Future Society), vol. E93-B, no. 03, pp.501―515, March 2010.
    2010 年 3 月

  11. マルチホップ無線網における協調型隣接アクセスポイント評価手法の設計と実装
    野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰,中村 勝一,石西 洋,貝崎 修治
    電子情報通信学会論文誌B Vol.J92-B, No.7, pp.1061-1071, 2009年7月
    2009 年 7 月

  12. Development of Single Sign-On System with Hardware Token and Key Management Server
    Daiki Nobayashi, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori
    IEICE Transactions on Information Systems, Vol.E92-D, No.5, pp.826-835, May 2009
    2009 年 5 月

  13. サイエンスグリッドにおけるグリッドネットワークサービスの実装および評価
    中村勝一, 池永全志, 鶴正人, 尾家祐二
    電子情報通信学会論文誌B,Vol.J91-B,No.10,pp.1211-1219, 発行日:2008/10/01
    2008 年 10 月

  14. Multi-class QoS routing strategies based on the network state
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Kenji Kawahara, Yuji Oie
    Elsevier Computer Communications, Vol.28, Issue 11, pp.1348-1355
    2005 年 7 月

  15. Performance Evaluation of Channel Switching Scheme for Packet Data Transmission in Radio Network Controller
    Yoshiaki Ohta, Kenji Kawahara, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    IEICE Transactions on Communications, Special Issue on Mobile Multimedia Communications, VOL. E87--B, NO. 5, pp. 1141--1150, May 2004
    2004 年 5 月

  16. Performance Evaluation of TCP under Dynamic Allocation Scheme for Down Link Transmission Rate in W-CDMA Systems
    Yutaka Fukuda, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Special issue of Wiley Journal on Wireless Communications and Mobile Computing on Performance Evaluation of Wireless Networks, Vol. 4, Issue 2, pp. 223-232
    2004 年 3 月

  17. Performance Analysis of Queue Length Distribution of Tandem Routers for QoS Measurement
    Nobuo RYOKI, Kenji KAWAHARA, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    IEICE Transactions on Communications, Vol. E86-B, No.2, pp. 614 - 621, Feb. 2003
    2003 年 2 月

  18. Quality of Assured Service through Multiple DiffServ Domains
    Kazumi KUMAZOE, Yoshiaki HORI, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E85-D, No.8, pp.1226-1232
    2002 年 8 月

  19. QoS Routing Algorithm based on Multi-Classes Traffic Load
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E85-D, No.8, pp.1219-1225
    2002 年 8 月

  20. Queue Management of RIO to Achieve High Throughput and Low Delay
    Yoshiaki HORI, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    IEICE Transactions on Communications, Vol.E85-B, No.1, pp.63-69
    2002 年 1 月

  21. Effectiveness and Issues of Rerouting Algorithms for QoS Networks
    Takeshi IKENAGA, Kenji KAWAHARA, Yuji OIE
    IEICE Transactions on Communications, Vol.E84-B, No.6, pp.1553-1560
    2001 年 6 月

  22. 小学校道徳におけるISDNとPHSを用いた遠隔授業の実践と評価
    藤木 卓,鶴 正人,池永 全志,中村 千秋,蒲原 新一,黒田 英夫
    教育システム情報学会誌,Vol.15, No.4, pp.328-333, Jan. 1999


  23. インターネットを利用した遠隔授業の実用化に関する研究
    岡村 耕二, 鶴 正人, 藤木 卓, 中村 千秋, 池永 全志
    教育システム情報学会誌,Vol.14, No.3, pp.84-94, Aug. 1997


国際会議

  1. Perormance evaluation of 920MHz band communication for underground infrastructure monitoring
    Yuri Fujisaki, Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto, Takeshi Ikenaga
    IEICE Technical Report SR2017-86,SRW2017-36(2017-10)
    2017 年 10 月

  2. VANET based Effective Data Transmission Control for Spatio-Temporal Data Retention System
    Hiroki Teshiba, Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto and Takeshi Ikenaga
    Proc. SmartCom 2017, Rome, Italy, Oct 2017
    2017 年 10 月

  3. Adaptive Data Transmission Control for Reliable and Efficient Spatio-Temporal Data Retention by Vehicles
    Hiroki Teshiba, Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto and Takeshi Ikenaga
    Proc. The Sixteenth International Conference on Networks, Venice, Italy, April 23 - 27, 2017
    2017 年 4 月

  4. Field Tests and Indoor Emulation of Real-Spatial Information Based Group Communication
    A. Nagata, K. Nakamura, H. Fuji, D. Nobayashi, K. Tsukamoto, T. Ikenaga
    Proc. of IEEE percom 2017 (Demo session), Accepted, Big Island, Hawaii, USA, Mar. 2017.
    2017 年 3 月

  5. Performance Characterization of Streaming Video over Multipath TCP
    Ryota Matsufuji, Dirceu Cavendish, Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. of The Seventh International Conference on Evolving Internet (INTERNET 2016), Nov. 2017
    2016 年 11 月

  6. Regional InfoHubs by Vehicles: Balancing Spatio-Temporal Coverage and Network Load
    Takamasa Higuchi, Ryokichi Onishi, Onur Altintas, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Kazuya Tsukamoto
    Proc. of The ACM First International Workshop on Internet of Vehicles and Vehicles of Internet (IoV-VoI ’16), pp. 25-30, New York, NY, USA, Jul., 2016, DOI: http://dx.doi.org/10.1145/2938681.2938688
    2016 年 7 月

  7. Performance evaluation of multi-hop communication with a dynamic channel switching scheme in ROD-SAN
    Takeo Hidaka, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Kazuya Tsukamoto, Takeshi Ikenaga
    Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM), 2015 IEEE Pacific Rim Conference on. IEEE, 2015.
    2015 年 8 月

  8. Adaptive Contention Window Control Scheme for Dense IEEE 802.11 Wireless LANs
    Ryohei ITO,Daiki NOBAYASHI,Takeshi IKENAGA
    Communications, Computers and Signal Processing, 2015 IEEE Pacific Rim Conference (PACRIM)
    2015 年 8 月

  9. On Demand Routing Scheme for Real-Spatial Information based Group Communication
    Masaya MITSUISHI, Daiki NOBAYASHI, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE, Hiroshi ISHINISHI, Akira NAGATA and Katsuichi NAKAMURA
    2015 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2015), August 24-26, 2015, Victoria, BC, Canada.
    2015 年 8 月

  10. Transmission Channel Switching Based on Channel Utilization in ROD-SAN
    Takeo Hidaka, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Kazuya Tsukamoto, Takeshi Ikenaga
    Future Network Systems and Security. Springer International Publishing, 2015. 129-138
    2015 年 6 月

  11. Reliable Transmission with Multipath and Redundancy for Wireless Mesh Networks
    Shi Wenze, Takeshi Ikenaga, Daiki Nobayashi, Xinchun Yin, Yebin Xu
    The 5th International Workshop on Wireless Networks and Multimedia (WNM-2014), pp. 775 - 767, Aug. 24 - 27, 2014
    2014 年 8 月

  12. A Self-adaptive Reliable Packet Transmission Scheme for Wireless Mesh Networks
    Shi Wenze, Takeshi Ikenaga, Daiki Nobayashi, Xinchun Yin, Yebin Xu
    The 5th International Workshop on Wireless Networks and Multimedia (WNM-2014), pp. 781 - 793, Aug. 24 - 27, 2014
    2014 年 8 月

  13. Expiration Timer Control Method for QoS-aware Packet Chunking
    Hiroki Yanaga, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga
    The 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference(COMPSAC), pp.638-639, July 2014. (Vasteras, Sweden)
    2014 年 7 月

  14. Slow Start TCP Improvements for Video Streaming Applications
    Gaku Watanabe, Kazumi Kumazoe, Dirceu Cavendish, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    The Sixth International Conference on Evolving Internet (INTERNET 2014), June 22 - 26, 2014, Seville, Spain
    2014 年 6 月

  15. Station Reassociation Scheme for Wireless Green Networking
    Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
    International Workshop on Wireless Networks and Energy Saving Techniques (WNTEST), Jun. 2014
    2014 年 6 月

  16. Flow-based Routing Schemes for Minimizing Network Energy Consumption using OpenFlow
    Syouta Oda, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
    The 4th International Conference on Smart Grids, Green Communications and IT Energy-aware Technologies (ENERGY 2014), Apr. 2014
    2014 年 4 月

  17. Dynamic Transmission Control to Save Power while Considering Communication Quality
    Yutaka Fukuda, Yasuaki Yamashita, Takeshi Ikenaga
    The International Conference On Information Networking (ICOIN) 2014
    2014 年 2 月

  18. StationAggregation Scheme considering Channel Interference for Radio on Demand Networks
    Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
    2013 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2013), August 27-29, 2013, Victoria, BC, Canada.
    2013 年 8 月

  19. Analysis for Identifying User Authentication Methods on SSH Connections
    Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
    The International Workshop on Smart Technologies for Energy, Information and Communication
    2013 年 8 月

  20. Identifying User Authentication Methods on Connections for SSH Dictionary Attack Detection
    Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
    The Annual International Computers, Software & Applications Conference
    2013 年 7 月

  21. Performance Characterization of Streaming Video over TCP Variants
    Gaku Watanabe, Kazumi Kumazoe, Dirceu Cavendish, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    The Fifth International Conference on Evolving Internet (INTERNET 2013), July 21-26, 2013, Nice, France
    2013 年 7 月

  22. Performance Evaluation of the Transmission Control Protocols with the Dynamic Link Control Scheme for Power Saving
    Yutaka Fukuda, Shigeo Kawamata, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    The IEEE International Conference on Green Computing and Communications (GreenCom 2012)
    2012 年 11 月

  23. Multiple Station Aggregation Procedure for Radio-On-Demand WLANs
    Kazumi Kumazoe, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, and Kenichi Abe
    Proc. of 2012 Seventh International Conference on Broadband, Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2012), pp.156-161, Nov. 2012
    2012 年 11 月

  24. Autonomous Dynamic Transmission Scheduling Based on Neighbor Node Behavior for Multihop Wireless Networks
    Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
    Proc. of the 37th IEEE Conference on Local Computer Network (LCN) 2012, CD-ROM, pp.268-271, Oct. 2012
    2012 年 10 月

  25. SSH Dictionary Attack Detection based on Flow Analysis
    Akihiro Satoh, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga
    IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet
    2012 年 7 月

  26. On Tuning TCP for Superior Performance on High Speed Path Scenarios
    Dirceu Cavendish, Kazumi Kumazoe, Hirofumi Ishizaki, Takeshi Ikenaga, Masato Tsuru, Yuji Oie
    Proc. 4th International Conference on Evolving (Internet2012), pp.11--16, June 2012. (Venice, Italy)
    2012 年 6 月

  27. Performance Evaluation of the Transmission Control Protocols with the Dynamic Link Control for Power Saving
    Shigeo Kawamata, Yutaka Fukuda, and Takeshi Ikenaga
    WTC2012 - World Telecommunications Congress 2012, 5 - 6 March, 2012, Miyazaki, Japan.
    2012 年 3 月

  28. Performance Evaluation of Power Saving Scheme for Wireless LAN with Station Aggregation
    Daiki Nobayashi, Kazumi Kumazoe, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Tetsuya Ito
    2011 Third International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems, pp. 338-339, Nov. 30 - Dec. 2, 2011, Fukuoka, Japan
    2011 年 12 月

  29. A Simple Priority Control Mechanism for Performance Improvement of Mobile Ad-hoc Networks
    Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga, Yutaka Fukuda
    The 36th IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN) 2011, CD-ROM, pp.167-170, Oct. 4-7, 2011, Bonn, Germany
    2011 年 10 月

  30. Centralized Association Management for Radio-On-Demand Networks
    Daiki Nobayashi, Kaname Fujimoto, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Tetsuya Ito
    2011 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2011), pp. 537-542, August 23-26, 2011, Victoria, BC, Canada
    2011 年 8 月

  31. Effectiveness of Priority and Path Control Schemes for Grid Applications
    Katsuichi Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    2011 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2011), pp. 596-601, August 23-26, 2011, Victoria, BC, Canada
    2011 年 8 月

  32. Effects of routing granularity on communication performance in OpenFlow networks
    Hiroyuki Kudou, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga, Masato Tsuru
    2011 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2011) , pp.596-601, August 23-26, 2011, Victoria, BC, Canada
    2011 年 8 月

  33. Power Saving Scheme with Low-Utilization Station Aggregation for Radio-On-Demand Networks
    Kaname Fujimoto, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Tetsuya Ito
    2011 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2011), pp. 625-630, August 23-26, 2011, Victoria, BC, Canada
    2011 年 8 月

  34. Routing Metric based on Node Degree for Load-Balancing in Large-Scale Networks
    Hitomi Tamura, Masato Uchida, Masato Tsuru, Junichi Shimada, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    The Second Workshop on Heuristic Methods for the Design, Deployment, and Reliability of Networks and Network Applications (HEUNET 2011)
    2011 年 7 月

  35. Performance evaluation of split connection methods for session-based group-oriented communications
    Hiroshi Emina, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, and Takeshi Ikenaga
    Tenth International Conference on Networks (ICN2011), January 2011
    2011 年 1 月

  36. Adaptive network services on advanced relay nodes
    Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga, and Masato Tsuru
    IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2011), January 2011
    2011 年 1 月

  37. Dynamic Transmission Capacity Control Schemes for Power Saving using a Mixture of the History and the Latest Information
    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, and Yuji Oie
    3nd International Workshop on Green Communications In conjunction with the IEEE Global Communications Conference (IEEE GLOBECOM 2010)
    2010 年 12 月

  38. Performance Evaluation of Priority and Path Control Schemes for Grid Applications
    Katsuichi Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS 2010), 2 pages. Thessaloniki, Greece
    2010 年 11 月

  39. Advanced relay nodes for adaptive network services - Concept and prototype experiment -
    Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga, and Masato Tsuru
    Second International Workshop on Network Traffic Control, Analysis and Applications (NTCAA-2010), November 2010
    2010 年 11 月

  40. An effective simple method to reduce bandwidth usage over an access link in IPTV multicast delivery services
    Masao Ikezaki, Takeshige Sugahara, Masayoshi Shimamura, and Takeshi Ikenaga
    IEEE Region 10 Conference (TENCON2010), November 2010
    2010 年 11 月

  41. A Network Reconfiguration Scheme against Misbehaving Nodes
    Daiki Nobayashi, Takashi Sera, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori
    Proceedings of the 35th IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN 2010), pp. 432-439, 8 pages, October 11-14, 2010, Denver, Colorado, U.S.A.
    2010 年 10 月

  42. Performance Evaluation of Multi-Rate Communication in Wireless LANs
    Fumie Miki, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
    IEEE CCNC’2010, Research Student Workshop, CD-ROM, January 9-12, 2010, Las Vegas, USA
    2010 年 1 月

  43. Performance Evaluation of Power Saving Scheme with Dynamic Transmission Capacity Control
    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Kenji Kawahara, and Yuji Oie
    2nd International Workshop on Green Communications In conjunction with the IEEE Global Communications Conference (IEEE GLOBECOM 2009)
    2009 年 12 月

  44. Dynamic Link Control with Changing Traffic for Power Saving
    Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Kenji Kawahara, and Yuji Oie
    The 34th IEEE Conference on Local Computer Networks (LCN)
    2009 年 10 月

  45. Connection Control Methods in Session Migration between Access Terminals
    Yusuke Sugio, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Kenji Kawahara, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    2009 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2009), pp. 527-532, (August, 23-26, 2009, Victoria, BC, Canada)
    2009 年 8 月

  46. Split connection scheme for session-based group communication
    Hiroshi Emina, Yusuke Sugio, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    2009 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM2009), pp. 612-617, (August, 23-26, 2009, Victoria, BC, Canada)
    2009 年 8 月

  47. Streaming Media Caching on Advanced Relay Nodes
    Yusuke Sugio, Hiroyuki Koga, Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga
    The IEEE/IPSJ 9th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 282-283, (July, 20-24, 2009, Seattle, Washington, USA)
    2009 年 7 月

  48. Compressing Packets Adaptively Inside Networks
    Masayoshi Shimamura, Takeshi Ikenaga, Masato Tsuru
    The IEEE/IPSJ 9th Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 92-99, (July, 20-24, 2009, Seattle, Washington, USA)
    2009 年 7 月

  49. Path Selection Scheme for Traffic Load Distribution Considering the Characteristics of Network Topology
    Jun’ichi Shimada, Nobumasa Natsui, Hitomi Tamura, Masato Uchida, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    ISCE 2009, pp.876--880, May 2009 (May 25-28, 2009, Kyoto, Japan)
    2009 年 5 月

  50. Access Point Evaluation with Packet Transfer Ratio in Multihop Wireless Network
    Daiki Nobayashi, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori, Katsuichi Nakamura, Hiroshi Ishinishi, Syuuji Kaizaki
    The International Conference on Information Networking 2009 (ICOIN 2009), CD-ROM, 21-24 January 2009, Chiang Mai, Thailand.
    2009 年 1 月

  51. Autonomous Reliable Wireless Mesh Network Using a Neighboring Access Point Evaluation Mechanism
    Daiki Nobayashi, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori, Katsuichi Nakamura, Hiroshi Ishinishi, Syuuji Kaizaki
    The Third International Workshop on Self-Organizing System (IWSOS 2008), Poster and Demo Session, December 10-12, 2008, Vienna, Austria.
    2008 年 12 月

  52. Performance Evaluation of Disjoint Path Routing for Multi-interface Multi-channel Wireless Mesh Network
    Koji Tsubouchi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    IEEE/IFIP WONS 2008 The Fifth Annual Conference on Wireless On demand Network Systems and Services, pp.117-122 (January 23-25, 2008, Garmisch-Partenkirchen, Germany)
    2008 年 1 月

  53. Development of Single Sign-On System with Hardware Token and Key Management Server
    Daiki Nobayashi, Yutaka Nakamura, Takeshi Ikenaga, Yoshiaki Hori
    The Second International Conference on Systems and Networks Communications (ICSNC 2007), CD-ROM, 6 pages, August 26-31, 2007, French Riviera, France
    2007 年 8 月

  54. Adaptive Multi-Class QoS Routing Algorithm for Dynamic Traffic Engineering
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Kenji Kawahara, Yuji Oie
    Proc. COIN-NGNCON2006, CD-ROM (WeC1-4), July 9-13, 2006, Jeju Korea
    2006 年 7 月

  55. Increasing the Network Performance using Multiple Tables based QoS Routing with Load Balance
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Kenji Kawahara, Yuji Oie
    Proc. of SPIE Performance, Quality of Service, and Control of Next-Generation Communication and Sensor Networks III, vol.6011, 60110F 1-9, 24-25 Oct 2005, Boston, Massachusetts, USA
    2005 年 9 月

  56. Multi-class QoS routing strategies based on the network state
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. of IASTED COMMMUNICATIONS, INTERNET, & INFORMATION TECHNOLOGY (CIIT 2003), pp.497-502, 17-19, Nov. (Scottsdale, AZ, USA)
    2003 年 11 月

  57. Multi-Class QoS Routing with Multiple Routing Tables
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    IEEE PACRIM’03, pp.388-391, 28-30 Aug. 2003, Victoria, B.C., Canada
    2003 年 8 月

  58. Design and Implementation of IPv6 gateway allowing effective use of multihome network
    Yoshiaki Hori, Keisuke Onimaru, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    IEEE PACRIM’03, pp.601-604, 28-30 Aug. 2003, Victoria, B.C., Canada
    2003 年 8 月

  59. Analysis of Delayed Reservation Scheme in Server-based QoS Management Network
    Takeshi IKENAGA, Kenji KAWAHARA, Tetsuya TAKINE, Yuji OIE
    IEEE AINA2003, pp. 140-145, Mar. 27-29, Xi’an, China
    2003 年 3 月

  60. Out-of-Sequence in Packet Arrivals due to Layer 2 ARQ and Its Impact on TCP Performance in W-CDMA Networks
    Hiroyuki KOGA, Takeshi IKENAGA, Yoshiaki HORI, Yuji OIE
    Proc. of 2003 Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2003), pp. 398-401, Jan. 27 - 31, Orlando, Florida
    2003 年 1 月

  61. Performance Evaluation of Delayed Reservation Schemes in Server Based QoS Management
    Takeshi IKENAGA, Yoshinori ISOZAKI, Yoshiaki HORI, Yuji OIE
    IEEE Globecom2002, pp. 1460-1464, 17-21 Nov. 2002, Taipei
    2002 年 11 月

  62. Effective Management for Aggregated Flows in Server-based QoS Routing
    Takeshi Ikenaga, Takuya Nakashima, Katsuyoshi Iida, Yuji Oie
    IEEE ICCS2002, pp. 757-761, 25-28 Nov. 2002, Singapore
    2002 年 11 月

  63. Performance Evaluation of TCP under Dynamic Allocation Scheme for Down Link Transmission Rate in W-CDMA Systems
    Yutaka Fukuda, Hiroyuki Koga, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proceedings of SPIE Conference of Emerging Technologies for Future Generation Wireless Communications, Vol. 4869, pp. 125-136, 29-30 Jul. 2002, Boston, Massachusetts
    2002 年 7 月

  64. Performance Evaluation of Channel Switching Scheme for Packet Data Transmission in Radio Network Controller
    Yoshiaki OHTA, Kenji KAWAHARA, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    IFIP-TC6 Networking Conference, Networking 2002, Pisa, Italy, pp. 648--659, LNCS 2345, Springer, May 2002
    2002 年 5 月

  65. Performance Analysis of Queue Length Distribution of Tandem Routers for QoS Measurement
    Nobuo RYOKI, Kenji KAWAHARA, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    Proc. of 2002 Symposium on Applications and the Internet (SAINT) Workshops, pp. 82-87, Nara, Japan.
    2002 年 2 月

  66. QoS Routing Algorithm based on Multi-Classes Traffic Load
    Hedia Kochkar, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. of IEEE GLOBECOM 2001, pp.2193-2198, San Antonio, Texas.
    2001 年 11 月

  67. Queue Management of RIO to Achieve High Throughput and Low Delay
    Yoshiaki HORI, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    Proc. of IEEE PACRIM2001, pp.619-622
    2001 年 8 月

  68. Server Based Inter-Domain QoS Routing: Cost Evaluation and Decision Enforcement
    Manzoor Hashmani, Koichi Tajima, Junichiro Sueishi, Mikio Yoshida, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. of SSGRR 2001 (http://www.ssgrr.it/en/conferenza/)
    2001 年 8 月

  69. A novel buffer management scheme to moderate negative effects between TCP and UDP
    Yoshiaki HORI, Kenji YAMANE, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    Quality of Service over Next-Generation Data Networks, Proc. of SPIE Vol.4524(2001), pp.194-202 (ITCOM2001)
    2001 年 8 月

  70. Quality of Assured Service through Multiple DiffServ Domains
    Kazumi KUMAZOE, Yoshiaki HORI, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
    Proc. of IEEE PACRIM2001, pp.83-86
    2001 年 8 月

  71. Management and Realization of SLA for Providing Network QoS
    Manzoor Hashmani, Mikio Yoshida, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
    Proc. of IEEE ICN’01, pp.398-408
    2001 年 7 月

著書

  1. ネットワークの相互接続(岩波講座「インターネット」第2巻)
    堀 良彰, 池永 全志, 門林 雄基, 後藤 滋樹
    岩波書店 (ISBN4-00-011052-7)
    2001 年 7 月

  2. コンピュータとインターネット活用入門 (WindowsとUNIX)
    (監修)黒田 英夫,(共著)野崎 剛一, 藤村 誠, 中村 千秋, 鶴 正人, 池永 全志
    培風館, Feb.1999, (ISBN4-563-01407-9)


招待講演等

    国内研究会

    1. 車両を用いた時空間データ滞留のための効率的なデータ送信制御手法
      手柴 弘樹, 野林 大起,塚本 和也,池永 全志
      電子情報通信学会 2017年 ソサイエティ大会,B-6-31, 2017年9月
      2017 年 9 月

    2. 地中インフラ監視システムへの920MHz帯無線通信の導入可能性調査
      藤崎邑吏,野林大起,塚本和也,池永全志,道脇晋太郎,尾造宏之
      電子情報通信学会信学技報, vol. 117, no. 3, NS2017-12, pp. 67-72, 2017年4月.
      2017 年 4 月

    3. r-Space による実空間グループコミュニケーションの実証実験
      永田 晃, 中村 勝一, 藤 ひとみ, 野林 大起, 塚本 和也, 池永 全志
      電子情報通信学会 2017年 総合大会, B-16-10, 2017年3月
      2017 年 3 月

    4. ドメイン生成型ボットネットの分析と検出
      佐藤 彰洋, 中村 豊, 野林 大起, 池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 491, IA2016-99, pp. 47-50, 2017年3月
      2017 年 3 月

    5. 実空間情報連動型ネットワークシステムにおける複数グループを考慮した経路制御手法
      岩本 紋穂, 池永 全志, 野林 大起, 永田 晃, 中村勝一
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-189, pp. 181-186, 2017年3月
      2017 年 3 月

    6. IEEE802.11ac性能評価実験に基づくチャネル割当て方式の検討
      竹川拳太朗, 野林大起, 福田 豊, 塚本和也, 藤井一樹, 田村 瞳, 池永全志
      電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会
      2017 年 3 月

    7. マルチパス TCP を用いたビデオストリーミング品質特性評価
      松藤 諒太, カベンディッシュ ジルセウ, 熊副 和美, 野林 大起, 池永 全志
      電子情報通信学会 2017年 総合大会, BS-5-12, 2017年3月
      2017 年 3 月

    8. パケットリオーダリングがTCPに与える影響調査
      福田 豊,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告
      2017 年 3 月

    9. DNS通信解析に基づくドメイン生成型ボットネットの検出
      佐藤 彰洋, 中村 豊, 野林 大起, 池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 247, IA2016-24, pp. 13-16, 2016年10月
      2016 年 10 月

    10. 実空間情報連動型ネットワークシステムの実機実験
      永田 晃,中村 勝一,藤 ひとみ,野林 大起,塚本 和也,池永 全志
      電子情報通信学会 2016年 ソサイエティ大会,B-14-4, 2016年9月
      2016 年 9 月

    11. ボンディング幅が異なる通信が混在する環境における 802.11ac の性能調査
      野林 大起,福田 豊,塚本 和也,藤井 一樹,田村 瞳,池永 全志
      電子情報通信学会 2016年 ソサイエティ大会,B-16-10, 2016年9月
      2016 年 9 月

    12. 時空間データ滞留のための 車両ノード密度に応じたデータ送信制御手法の検討
      手柴 弘樹,野林 大起,塚本 和也,池永 全志,樋口 雄大,アルトゥンタシュ オヌル
      電子情報通信学会,信学技報 vol. 116, no. 111, NS2016-46, pp. 101-106, 北海道大学, 2016年6月
      2016 年 6 月

    13. チャネルボンディングの実用性に関する実験評価と一検討
      野林 大起,福田 豊,塚本 和也,藤井 一樹,田村 瞳,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 116, No. 111, NS2015-42, pp.79-84, 2016年6月
      2016 年 6 月

    14. 実空間情報連動型ネットワークシステムにおける情報配信方式の検討
      光石雅弥, 野林大起, 池永全志, 尾家祐二, 中村勝一, 永田 晃
      電子情報通信学会 2016年 総合大会, (福岡)(2016年3月)
      2016 年 3 月

    15. 実空間情報連動型ネットワークシステムにおける信頼性の高い情報配信方式の提案
      光石雅弥, 野林大起, 池永全志, 尾家祐二, 中村勝一, 永田 晃
      電気電子情報通信学会 NS研究会 (2016年3月,宮崎)
      2016 年 3 月

    16. ROD-SANにおける確率的チャネル切替を用いたマルチホップ通信性能の評価
      日高健夫,野林大起,福田豊、塚本和也,池永全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 115, No. 483, NS2015-232, pp.369-374, 2016年3月
      2016 年 3 月

    17. 無線LANにおける端末密集環境を考慮したCW調整方式の提案〜既存端末との混在環境における性能改善手法〜
      伊藤僚平,野林大起,池永全志
      電子情報通信学会 NS研究会 (2016年3月,宮崎)
      2016 年 3 月

    18. 無線LANにおける端末密集環境を考慮したContention Window 初期値調整方式の提案
      伊藤僚平,野林大起,池永全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol 115,no. 159,NS2015-40,pp.19-24,2015年7月
      2015 年 7 月

    19. オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの構築と実証実験による評価
      阿部 憲一,江連 裕一郎,長谷川 晃朗,池永 全志,四方 博之
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 114, no. 477, NS2014-251, pp. 433-438,2015年3月
      2015 年 3 月

    20. ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル切替方式
      日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol.114,no.447,NS2014-210,pp.139-144
      2015 年 3 月

    21. 実空間情報連動型ネットワークシステムの提案およびユーザグループ生成方式の評価
      嶋村 昌義,永田 晃,石西 洋,中村 勝一,藤 ひとみ,光石 雅弥,野林 大起,塚本 和也,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 114, no. 477, NS2014-215, pp. 221-226,2015年3月
      2015 年 3 月

    22. ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル切替判定方式
      日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-32, (草津) (2015年3月)
      2015 年 3 月

    23. 実空間グループコミュニケーションのための情報通信基盤の提案
      永田 晃,嶋村 昌義,石西 洋,中村 勝一,藤 ひとみ,光石 雅弥,野林 大起,塚本 和也,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 2015年 総合大会, B-16-1,(滋賀)(2015年3月)
      2015 年 3 月

    24. オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの実証実験性能評価
      江連 裕一郎,阿部 憲一,長谷川 晃朗,池永 全志,四方 博之
      2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-40, (草津) (2015年3月)
      2015 年 3 月

    25. オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワークの実証実験性能評価 (2)
      渡邉 悠希,山口 真司,江連 裕一郎,四方 博之,池永 全志,長谷川 晃朗
      2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-41, (草津) (2015年3月)
      2015 年 3 月

    26. ビデオストリーミングアプリケーションのためのTCP輻輳制御手法の検討
      渡邊 岳,熊副 和美,カベンディッシュ ジルセウ,池永 全志,野林 大起,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol.114,no.447,NS2014-210,pp.191-196
      2015 年 3 月

    27. ROD-SAN における送信チャネル切替によるマルチホップ転送性能の改善
      古里 亘,日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-31, (草津) (2015年3月)
      2015 年 3 月

    28. トラヒック変動を考慮した省電力化のためのフローベース経路制御手法
      織田 翔太,野林 大起,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 495, IA2014-95, pp. 41-46
      2015 年 3 月

    29. 実空間グループコミュニケーションにおける情報配信のための経路制御手法
      光石 雅弥,野林 大起,池永 全志,尾家 祐二,中村 勝一,石西 洋
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 114, no.477, NS2014-217, pp. 233-238, 2015年3月
      2015 年 3 月

    30. 実空間グループコミュニケーションにおける情報配信のための経路制御情報削減手法の検討
      光石 雅弥,野林 大起,池永 全志,尾家 祐二,中村 勝一,石西 洋
      電子情報通信学会 2015年 総合大会,B-16-3,(滋賀) (2015年3月)
      2015 年 3 月

    31. 無線LANにおける同一ペイロードパケット削減による転送効率化方式
      山口 裕樹,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 477, NS2014-235, pp. 337-342
      2015 年 3 月

    32. ROD-SANにおけるチャネル利用率に基づく送信チャネル選択方式
      日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      2014年電子情報通信学会 ソサイエティ大会,B-6-45, (徳島) (2014年9月)
      2014 年 9 月

    33. オンデマンド型無線センサーアクチュエーターノードの通信特性基礎評価
      江連 裕一郎,阿部 憲一,長谷川 晃朗,池永 全志,四方 博之
      2014年電子情報通信学会 ソサイエティ大会,A-22-14, (徳島) (2014年9月)
      2014 年 9 月

    34. ビデオストリーミングアプリケーションのためのTCPスロースタート制御手法の検討
      渡邊 岳,熊副 和美,カベンディッシュ ジルセウ,池永 全志,野林 大起,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.114,No.206,NS2014-94,pp.91-96(2014年9月11-12日,宮城県)
      2014 年 9 月

    35. ネットワーク省電力化のための OpenFlow を用いたフローベース経路制御手法
      織田 翔太,野林 大起,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 492, ICM2013-66, pp. 85-90
      2014 年 3 月

    36. 無線LAN環境における同一ペイロードパケット削減手法
      山口 裕樹,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.364, IA2013-67, pp.59-64
      2013 年 12 月

    37. 無線マルチホップ型スマートメータのためのデータ連結転送方式における再送制御手法の検討
      石崎 誠人,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.489, IA2012-92, pp.85-90
      2013 年 3 月

    38. 省電力化のための動的リンク本数制御機構の実装
      福田 豊,坪田慎也,池永全志
      電子情報通信学会 2013年総合大会,BS-3-7
      2013 年 3 月

    39. Radio-On-Demand Networks における省電力性能向上を目指した複数端末帰属集約手法の実証実験
      野林 大起,熊副 和美,福田 豊,池永 全志,田中 利康
      電子情報通信学会 2013年総合大会,B-6-53
      2013 年 3 月

    40. 無線マルチホップ型スマートメータのためのデータ連結転送方式の検討
      石崎 誠人,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 112, no. 463, NS2012-219, pp. 313-318 (3月6〜7日 沖縄県)
      2013 年 3 月

    41. Radio-On-Demand Networks における周辺の無線環境を考慮した 端末帰属集約手法の検討
      熊副和美, 野林大起, 福田豊, 池永全志, 田中利康
      電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.463, NS2012-175, pp.61-66 (2013 年3 月7-8 日,沖縄県)
      2013 年 3 月

    42. 長短の履歴情報を用いた省電力化のための動的リンク数制御手法の検討
      山下 泰明,福田 豊,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 112, no. 463, NS2012-196, pp. 179-184 (3月6〜7日 沖縄県)
      2013 年 3 月

    43. Radio-On-Demand Networksにおける省電力性能と通信負荷を考慮した端末帰属制御手法
      藤本 要,熊副 和美,野林 大起,福田 豊,池永 全志,原 幸宏
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 112, no. 463, NS2012-174, pp. 55-60 (3月6〜7日 沖縄県)
      2013 年 3 月

    44. 遅延を考慮した省電力化のための動的リンク数制御手法の検討
      山下 泰明,福田 豊,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 112, No. 353, IA2012-70,pp.67-72,(2012年12月13日,14日,広島)
      2012 年 12 月

    45. 動的リンク数制御におけるピークトラヒックの偏りを考慮した推定手法の改善
      山下 泰明,福田 豊,池永全志,尾家祐二
      電子情報通信学会 2012年ソサイエティ大会,B-6-61,2012 年 9 月
      2012 年 9 月

    46. 代理応答を用いた無線 LAN AP の消費電力削減手法の提案
      野林 大起,鶴田 洸,熊副 和美,福田 豊,池永 全志,原 幸宏
      電子情報通信学会 2012年ソサイエティ大会,B-16-12,2012 年 9 月
      2012 年 9 月

    47. 省電力無線LANのための複数端末帰属集約手法の性能評価
      熊副 和美,野林 大起,福田 豊,池永 全志,原 幸宏
      電子情報通信学会 2012年ソサイエティ大会,B-16-37,2012 年 9 月
      2012 年 9 月

    48. Radio-On-Demand Networks のための端末帰属集約方式の実証評価
      野林 大起,藤本 要,鶴田 洸,熊副 和美,福田 豊,池永 全志,田中 利康,原 幸宏
      電子情報通信学会 2012年総合大会,B-16-129,2012 年 3 月
      2012 年 3 月

    49. 省電力無線LANのための端末帰属集約制御におけるチャネル利用率の影響
      熊副 和美, 野林 大起, 池永 全志, 福田 豊, 伊藤 哲也
      電子情報通信学会 2011年 総合大会, 2012年3月20-23日
      2012 年 3 月

    50. 省電力無線LANにおける複数端末の帰属先変更手順の提案
      熊副 和美, 野林 大起, 福田 豊, 池永 全志, 阿部 憲一
      電子情報通信学会 信学技報, vol.111, no.468, NS2011-264 pp.481-486, 2012年3月8-9日.
      2012 年 3 月

    51. アドホックネットワークにおける周辺ノードの通信状況に基づく動的スケジューリング方式の検討
      野林 大起,光根 隆文,福田 豊,池永 全志,永田 晃
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 111, No. 485, IA2011-85,pp.31-36,(2012年3月15日,16日,北海道)
      2012 年 3 月

    52. 動的リンク数制御機能を有する省電力ネットワークにおける TCPの性能評価
      川又 成夫,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 111, No. 485, IA2011-85,pp.7-12,(2012年3月15日,16日,北海道)
      2012 年 3 月

    53. 多様な環境下におけるトランスポートプロトコルの性能評価
      石嵜 洋史,Dirceu Cavendish,熊副 和美,池永 全志,鶴 正人,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 111, No. 485, IA2011-85,pp.7-12,(2012年3月15日,16日,北海道)
      2012 年 3 月

    54. 省電力化のための動的転送性能制御手法の実環境における性能評価
      福田 豊,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 2012年総合大会,B-6-135,2012 年 3 月
      2012 年 3 月

    55. Radio-On-Demand Networks における端末帰属集約手法の有効性評価
      野林 大起,池永 全志,福田 豊,熊副 和美,伊藤 哲也
      電子情報通信学会 2011年 ソサイエティ大会, 2011年9月
      2011 年 9 月

    56. OpenFlowネットワークにおける経路制御粒度が通信性能に与える影響
      工藤 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志, 鶴 正人
      電子情報通信学会技術研究報告, 第111巻8号(NS2011-2), 7-12頁, 2011年4月
      2011 年 4 月

    57. 動的経路集約によるネットワーク省電力化におけるネットワーク規模と省電力効果の関係調査
      有田 一史,田村 瞳,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会,2011総合大会,no.B-6-130,2011年3月14日〜17日(東京都市大学,東京都)
      2011 年 3 月

    58. Radio-On-Demand Networksにおける端末帰属集約を実現するための指標の検討
      藤本 要,行衛 秀明,野林 大起,福田 豊,池永 全志,吉村 紘一,飯塚 宏之,伊藤 哲也
      電子情報通信学会,2011総合大会,no.B-6-137,2011年3月14日〜17日(東京都市大学,東京都)
      2011 年 3 月

    59. Radio-On-Demand Networks における端末帰属集約の可能性に関する検討
      行衛 秀明,藤本 要,野林 大起,福田 豊,池永 全志,吉村 紘一,飯塚 宏之,伊藤 哲也
      電子情報通信学会 2011年総合大会,B-6-138,2011年3月14〜17日,東京都
      2011 年 3 月

    60. 多地点観測に基づくスキャン検知手法における候補リストの比較検討に関する検討
      東島 慶,野林 大起,中村 豊,池永 全志,阿部 俊二,漆谷 重雄,山田 茂樹
      電子情報通信学会 2011年総合大会,B-16-15, (3月14〜17日,東京都)
      2011 年 3 月

    61. Radio-On-Demand Networks のためのAP制御装置による端末帰属集約手法
      藤本 要,野林 大起,福田 豊,池永 全志,吉村 紘一,飯塚 宏之,伊藤 哲也
      電子情報通信学会 技術研究報告,ICM2010-70,pp.93-98,(3月10〜11日 沖縄県)
      2011 年 3 月

    62. Radio-On-Demand Networks における自律分散型の端末帰属集約手法の検討
      行衛 秀明,野林 大起,福田 豊,池永 全志,吉村 紘一,飯塚 宏之,伊藤 哲也
      電子情報通信学会 技術研究報告,ICM2010-71,pp.99-104,(3月10〜11日 沖縄県)
      2011 年 3 月

    63. アドホックネットワークにおける周辺ノードの振る舞いを考慮した送信優先度制御方式の検討
      野林 大起,池永 全志,福田 豊
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 110, No. 430, IA2010-94,pp.129-134,(2011年2月28日,3月1日,高知県)
      2011 年 3 月

    64. ネットワークを省電力化する動的経路集約手法のための経路選択メトリックの検討
      有田 一史,田村 瞳,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.110, No.448, pp.515-520(NS2010-255), 2011年3月3-4日(沖縄)
      2011 年 3 月

    65. 無線メッシュ網におけるPerformance Anomaly問題を考慮した経路選択手法
      中田 祐毅,野林 大起,池永 全志
      情報処理学会 火の国シンポジウム 2011,A-5-1,8ページ, CD-ROM,福岡県,(2011年3月8-9日,福岡県)
      2011 年 3 月

    66. OpenFlowスイッチを用いた動的経路粒度変更手法の検討
      工藤 宏幸, 嶋村 昌義, 池永 全志, 鶴 正人
      電子情報通信学会,2011総合大会,no.B-6-42,2011年3月14日〜17日(東京都市大学,東京都)
      2011 年 3 月

    67. グループ通信のためのフロー制御機能を有するセッション内コネクション分割手法
      恵美奈弘, 古閑宏幸, 嶋村昌義, 池永全志
      電子情報通信学会技術研究報告, 第110巻448号(NS2010-290), 723-728頁, 2011年3月
      2011 年 3 月

    68. A demonstration of management and control of resources in large-scale network environments
      Nobutaka Matsumoto, Atsuko Takefusa, Takeshi Ikenaga, Takahiro Miyamoto, Isao Kojima, Masayoshi Shimamura, Michiaki Hayashi, Hidemoto Nakada, Hiroshi Koide, Ryousei Takano, Dirceu Cavendish, Tomohiro Kudoh, Yoshio Tanaka, Kosuke Nishimura
      Proceedings of the IEICE General Conference (Network Design, Management and Control for Future Networked Systems), March 2011
      2011 年 3 月

    69. OpenFlowスイッチを用いた動的経路粒度変更手法の検討
      工藤宏幸, 嶋村昌義, 池永全志, 鶴正人
      電子情報通信学会総合大会予稿集, 2011年3月
      2011 年 3 月

    70. 高機能中継ノードにおけるフロー情報を用いた適応型オンライン圧縮手法の検討
      山尾研太, 嶋村昌義, 古閑宏幸, 池永全志
      電子情報通信学会総合大会予稿集, 2011年3月
      2011 年 3 月

    71. 多地点観測に基づくスキャン検知手法の提案
      東島慶,野林大起,中村豊,池永全志,阿部俊二,漆谷重雄,山田茂樹
      IAICE Technical Report, IA2010-102 pp.225-230, (2011年2月28日,高知県)
      2011 年 2 月

    72. ストリーミングサービスのための高機能中継ノードによる透過型キャッシング手法の提案
      西村祥, 嶋村昌義, 恵美奈弘, 古閑宏幸, 池永全志
      電子情報通信学会技術研究報告, 第110巻373号(IN2010-123), 31-36頁, 2011年1月
      2011 年 1 月

    73. 大規模資源の管理・制御に関する技術の実証実験 −新世代ネットワークプラットフォームの実現に向けて−
      林通秋, 竹房あつ子, 池永全志, 宮本崇弘, 小島功, 嶋村昌義, 松本延孝, 中田秀基, 小出洋, 高野了成, ジルセウ・カベンディッシュ, 工藤知宏, 田中良夫, 西村公佐
      電子情報通信学会技術研究報告, 2010年11月
      2010 年 11 月

    74. 高度中継処理を実現する高機能中継ノードの開発
      嶋村昌義, 池永全志, 鶴正人
      電子情報通信学会ソサイエティ大会予稿集, 2010年9月
      2010 年 9 月

    75. IP 放送サービスにおけるアクセスリンクの利用帯域削減手法
      菅原 丈茂, 池崎 雅夫, 嶋村 昌義, 池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.110 No.116 IN2010-26, pp.19-24 (2010 年7 月8〜9 日,北海道)
      2010 年 9 月

    76. グループ通信におけるセッション内コネクション分割手法の性能評価
      恵美奈弘, 古閑宏幸, 嶋村昌義, 池永全志
      電子情報通信学会技術研究報告, 第110巻116号(IN2010-34), 67-72頁, 2010年7月
      2010 年 7 月

    77. 高機能中継ノードによるTCPフロー動的分割手法の有効性に関する検討
      阿部真一郎,嶋村昌義,池永全志,鶴正人
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 109,no. 438,IA2009-96,pp. 25-30,(2010年3月1〜2日,宮城県)
      2010 年 3 月

    78. 端末間セッションマイグレーションにおけるアクセスリンク情報を用いたコネクション制御手法
      杉尾勇介,古閑宏幸,嶋村昌義,川原憲治,池永全志,尾家祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 109,no. 448,NS2009-198,pp. 205-210,(2010年3月3〜5日,宮崎県)
      2010 年 3 月

    79. ピークトラヒック量推定に基づく省電力化のための動的リンク数制御手法
      奥畑 航平,福田 豊,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告 vol.109, no.449, IN2009-171, pp. 163-168,(2010年3月4-5日,宮崎県)
      2010 年 3 月

    80. マルチホップ無線網における再構成による性能改善手法
      世良 隆,野林 大起,池永 全志
      情報処理学会 火の国シンポジウム 2010, C-2-4,6ページ,CD-ROM,(2010年3月15-16日,宮崎県)
      2010 年 3 月

    81. 無線メッシュ網のためのオーバレイトランスポート機構の有効性に関する検討
      舟越 智治,池永 全志,福田 豊
      情報処理学会 火の国シンポジウム 2010,C-3-2,6ページ,CD-ROM,(2010年3月15-16日,宮崎県)
      2010 年 3 月

    82. 無線LANにおける利用状況を考慮したハイブリッド型メディアアクセス制御手法の検討
      早田 裕志,野林 大起,池永 全志
      情報処理学会 火の国シンポジウム 2010,C-3-1,6ページ, CD-ROM,宮崎県,(2010年3月15-16日,宮崎県)
      2010 年 3 月

    83. 無線メッシュ網における経路特性を考慮したAP選択手法
      三木冨美枝,野林大起,福田豊,池永全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2009-158, pp.85-90,(2010年3月4〜5日,宮崎県)
      2010 年 3 月

    84. グループ通信におけるセッション内コネクション分割手法の提案
      恵美奈 弘,古閑 宏幸,嶋村 昌義,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,vol. 109,no. 273,NS2009-119,pp. 89-94,(2009年11月12〜13日,石川県)
      2009 年 11 月

    85. 省電力化のための動的転送性能制御手法の性能評価
      福田 豊,池永 全志,田村 瞳,内田 真人,川原 憲治,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告 vol. 109, no. 274, CQ2009-43, pp. 27-32, 2009年11月.
      2009 年 11 月

    86. アクティブリンクを最小化する経路選択によるネットワークの省電力化
      有田 一史,田村 瞳,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会, 信学技法 Vol.109, No.188, pp.63-68(NS2009-71), 2009年9月10-11日(東北大学)
      2009 年 9 月

    87. 高機能中継ノードによるフロースケジューリングの有効性に関する検討
      阿部 真一郎,嶋村 昌義,池永 全志
      第62回電気関係学会九州支部連合大会(2009年9月28〜29日,福岡県)
      2009 年 9 月

    88. マルチホップ無線網における異常ノード検出時の トポロジ再構成手法
      世良 隆,野林 大起,池永 全志,堀 良彰
      電子情報通信学会 2009年ソサイエティ大会, B-16-1(2009年9月15〜18日,新潟大学)
      2009 年 9 月

    89. 無線メッシュ網のためのオーバレイトランスポートプロトコルに関する研究
      舟越 智治,池永 全志,福田 豊,塚本 和也
      第62回電気関係学会九州支部連合大会(2009年9月28〜29日,福岡県)
      2009 年 9 月

    90. 北九州市街地における無線ネットワークを利用したICTサービス提供実験
      中村 勇太,田村 瞳,熊副 和美,松尾 博章,井上 雄仁,小出 洋,池永 全志,川原 憲治,尾家 祐二
      電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,B-7-33,2009年9月
      2009 年 9 月

    91. 大規模環境における資源情報連携アーキテクチャ
      宮本崇弘, 小島功, 池永全志, 林通秋, 田中良夫, ジルセウ・キャベンディッシュ, 松本延孝, 工藤知宏, 小出洋, 田中英明, 児玉祐悦, 嶋村昌義, 中田秀基, 竹房あつ子, 高野了成
      電子情報通信学会新世代ネットワークワークショップ, 2009年8月
      2009 年 8 月

    92. 複数の伝送レートが混在する無線LAN環境における通信特性評価
      三木 冨美枝,野林 大起,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS2008-230, pp.489-494
      2009 年 3 月

    93. 経路集約によるネットワーク機器の消費電力削減効果の基礎評価
      田村 瞳,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
      信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-221, pp. 439-444 (2009年3月3〜4日,沖縄県)
      2009 年 3 月

    94. ネットワークトポロジの特徴を考慮した負荷分散のための経路選択手法
      夏井 宣匡,島田 淳一,田村 瞳,池永 全志,内田 真人,尾家 祐二
      信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-192, pp. 277-282(2009年3月3〜4日,沖縄県)
      2009 年 3 月

    95. 高機能中継ノードにおける適応的パケット圧縮の性能分析
      嶋村 昌義,池永 全志,鶴 正人
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 108,No. 392,NS2008-142,pp. 95-100,(2009年1月22〜23日,佐賀県)
      2009 年 1 月

    96. グリッドネットワークにおけるネットワークミドルウェアの設計と実装
      中村勝一, 青柳好織, 池永全志, 鶴 正人, 尾家祐二
      信学技報, NS2008-73, pp.31-36, 2008年10月
      2008 年 10 月

    97. 高機能中継ノードにおけるパケット圧縮手法の検討
      嶋村 昌義,池永 全志,鶴 正人
      第61回電気関係学会九州支部連合大会(2008年9月24〜25日,大分県)
      2008 年 9 月

    98. 2ホップ隣接アクセスポイントと連携した多数決に基づく協調型リンク評価手法の検討
      野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰,石西 洋,貝崎 修治
      電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会,B-16-2
      2008 年 9 月

    99. IEEE802.11aマルチレート環境におけるスループット特性に関する評価
      三木 冨美枝,野林 大起,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会,B-16-1
      2008 年 9 月

    100. 大規模広域ネットワーク環境における階層型分散情報管理アーキテクチャの構築
      東島慶,中村豊,池永全志,飯田勝吉
      電気関係学会九州支部連合大会
      2008 年 9 月

    101. ネットワークトポロジの特徴とノードおよびリンク負荷の関係に関する調査
      夏井宣匡,島田淳一,田村瞳,池永全志,尾家祐二
      電気関係学会九州支部連合大会,(2008年9月24〜25日,大分大学,大分県大分市)
      2008 年 9 月

    102. スケールフリーネットワークにおける最小コスト経路を用いたTraffic Engineering の検討
      夏井宣匡,島田淳一,田村瞳,池永全志,尾家祐二
      電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会,B-16-2,(2008年9月16日〜19日,明治大学,神奈川県川崎市)
      2008 年 9 月

    103. 高機能中継ノードによる適応型ネットワークサービスに関する検討
      嶋村 昌義,池永 全志,小出 洋,ジルセウ キャベンディッシュ,鶴 正人
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 108,No. 203,NS2008-66,pp. 135-138,(2008年9月11〜12日,宮城県)
      2008 年 9 月

    104. ユーザ-ネットワークインタラクションに基づくユビキタスネットワーク経路制御システムの開発
      夏井宣匡, 吉永一美, 池永全志, 小出洋, 吉田香
      電子情報通信学会 技術研究報告, TM2007-60,P43-48,(2008年 3月 沖縄県)
      2008 年 3 月

    105. 北九州市街地における2.4GHz帯を利用したマルチホップ無線LANの構築実験
      田村 瞳,熊副 和美,松尾 博章,井上 雄仁,池永 全志,川原 憲治,尾家 祐二
      電子情報通信学会,2008年総合大会,2008年3月(北九州市)
      2008 年 3 月

    106. 自動シグネチャ生成システムにおけるトラヒック情報収集方式
      東島 慶, 中村 豊, 池永全志, 飯田勝吉
      第70回情報処理学会全国大会,4ZL-9,5-311〜5-312
      2008 年 3 月

    107. 分散センサーによる異常トラヒック検出機構の評価モデルと性能解析
      小林 武史, 飯田 勝吉, 中村 豊, 池永 全志
      電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.524, pp.347-352, (2008年3月6〜7日,沖縄県)
      2008 年 3 月

    108. センサーからの情報に基づいたシグネチャ自動生成システムのモデル化と基礎検討
      小林 武史, 飯田 勝吉, 中村 豊, 池永 全志
      第70回情報処理学会全国大会,4ZL-10,5-313〜5-314
      2008 年 3 月

    109. 複数インタフェースを持つ無線Mesh Point におけるチャネル割当て手法
      坪内 宏司,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2007-176
      2008 年 3 月

    110. 移動端末を収容するユビキタスネットワーク制御管理システムの実証評価
      夏井宣匡, 山口剛史, 池永全志, 塚本和也, 樫原茂, 尾家祐二
      電子情報通信学会 2008年総合大会,B-16-7,(2008年3月18日〜21日,北九州市)
      2008 年 3 月

    111. 隣接アクセスポイントを自律的に評価するマルチホップ無線ネットワークの研究開発
      野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰,石西 洋,貝崎 修治
      電子情報通信学会 2008年総合大会,B-16-8,pp.495,(2008年3月18日〜21日,北九州市)
      2008 年 3 月

    112. マルチホップ無線網におけるパケット到達率を用いた協調型リンク評価手法
      野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰,石西 洋,貝崎 修治
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2008-175,pp.97-102,(2008年3月6〜7日,沖縄県)
      2008 年 3 月

    113. グリッドアプリケーションの実行時間を短縮するネットワーク制御手法
      本田 哲大,池永 全志,中村 勝一,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2007-10,pp.29-34,(2007年10月11〜12日,東京小金井)
      2007 年 10 月

    114. ドメイン名に対応するIPアドレスを用いたネットワーク構成法(in Japanese)
      石 穎慧,池永 全志
      電子情報通信学会NS研究会(2007,10,TOKYO)
      2007 年 10 月

    115. マルチホップ無線網におけるパケット転送率を用いた隣接ノード評価手法
      野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰
      電気関係学会九州支部連合大会,CD-ROM,07-2A-01,(2007年9月18〜19日,沖縄)
      2007 年 9 月

    116. 次世代ネットワークのための自己解決型ネームサービス方式
      石 穎慧,池永 全志,尾家 祐二
      電気関係九州支部連合大会(2007年9月18〜19日,沖縄)
      2007 年 9 月

    117. 複数経路表を有するルータにおけるアプリケーション連携機構の開発
      夏井 宣匡, 池永 全志, 尾家 祐二
      電気関係九州支部連合大会,(2007年9月18〜19日,沖縄)
      2007 年 9 月

    118. グリッドアプリケーションのための優先フロー選択方式
      本田哲大,池永 全志,中村 勝一,尾家 祐二
      電気関係九州支部連合大会,(2007年9月18〜19日,沖縄)
      2007 年 9 月

    119. 無線メッシュ網における非対称経路制御手法の性能評価 ― 自律的な経路表作成法の検討 ―
      坪内 宏司,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
      電気関係学会九州支部連合大会,07-2A-05,(2007年9月18〜19日,沖縄)
      2007 年 9 月

    120. マルチホップ無線網における周辺ノードとの連携による隣接ノード評価手法
      野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰,石西 洋
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2007-49,pp.37-42,(2007年9月20〜21日,宮城県)
      2007 年 9 月

    121. 無線メッシュ網における非対称経路制御手法の性能評価
      坪内 宏司,溝口 栄一,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2007-19,pp.49-54,(2007年6月21〜22日,北海道)
      2007 年 6 月

    122. グリッドミドルウェアと連携するネットワークサービスの開発
      中村 勝一, 青柳 好織, 池永 全志, 尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告, vol.106, no.578, IN2006-260, pp.477-482, (2007年3月7日〜9日, 沖縄県)
      2007 年 3 月

    123. 無線メッシュネットワークにおける俊敏な一時的経路切替え機構
      池永裕晃, 荒木博史, 鶴正人, 尾家祐二
      情報処理学会・火の国情報シンポジウム2007予稿集 C-8-4,(2007年3月1日〜2日,鹿児島)
      2007 年 3 月

    124. 無線メッシュ網におけるチャネル切り替え遅延を考慮した経路制御手法
      坪内 宏司,池永 全志,福田 豊,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,Vol.106,No.578,IN2006-232,pp. 309-314,(2007年3月7日〜9日,沖縄県)
      2007 年 3 月

    125. 認証情報管理サーバを用いたWebアクセスの高信頼化
      野林 大起,中村 豊,池永 全志,堀 良彰
      電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会,B-16-1,p.352,(2006年9月19日〜22日,金沢市)
      2006 年 9 月

    126. ハードウェアトークンと鍵管理サーバを用いたシングルサインオンシステムの開発
      野林 大起,中村 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,IA2006-2,pp.7-12,(2006年5月24日,京都府)
      2006 年 5 月

    127. マルチホップ無線網における MAC 層での待機時間を考慮したパケット多重方式
      坪内 宏司,池永 全志,尾家祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2005-219,pp.371-376,(2006年3月2〜3日,沖縄県国頭郡恩納村)
      2006 年 3 月

    128. マルチホップ無線網のための複数インタフェースを用いたアクセスポイント構成法
      溝口 栄一, 池永 全志, 尾家 祐二
      電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会,IN2005-220, pp.377-382, (2006年3月2〜3日,沖縄県国頭郡恩納村)
      2006 年 3 月

    129. 複数経路表を用いた経路制御機構におけるリンク負荷に基づく負荷分散手法の検討
      白野 稔,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 2005年ソサイエティ大会,B-7-63,p.190,(2005年9月20日〜23日,札幌市)
      2005 年 9 月

    130. マルチホーム環境におけるアクティブ計測を用いたアドレス選択手法
      能美 保則,池永 全志,堀 良彰,尾家 祐二
      電子情報通信学会 2005年ソサイエティ大会,B-7-9,p.136,(2005年9月20日〜23日,札幌市)
      2005 年 9 月

    131. マルチホーム環境におけるアドレス選択機構とその有効性について
      能美 保則, 池永 全志, 堀良 彰, 尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告, NS2004-212, IN2004-212, pp.73-78, (2005年3月2日〜4日,沖縄県中頭群読谷村)
      2005 年 3 月

    132. Gridミドルウェアと連携するネットワーク制御手法
      西 繁則,山本 寛,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS2004-333,IN2004-333,pp.441-446,(2005年3月2日〜4日,沖縄県中頭群読谷村),2005年 3月
      2005 年 3 月

    133. マルチホーム環境におけるアドレス決定支援機構の提案
      池永 全志, 堀 良彰, 尾家 祐二
      平成16年度電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 III, p. 535 (2004年9月27日〜28日, 鹿児島県鹿児島市)
      2004 年 9 月

    134. ネットワーク特性が分散コンピューティングに与える影響の調査
      西 繁則,山本 寛,池永 全志,二保 知也,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS2003-364,IN2003-319,pp.361-366,(2004年3月3日〜5日,沖縄県名護市)
      2004 年 3 月

    135. 複数経路表を用いたホップバイホップ型QoS経路制御機構
      Hedia KOCHKAR, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS2003-310,IN2003-265,pp.77-82,(2004年3月3日〜5日,沖縄県名護市)
      2004 年 3 月

    136. Grid環境におけるVOを考慮したネットワーク制御管理システムの開発
      池永 全志, 中村 勝一, 尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS2003-365,IN2003-320,pp.367-372,(2004年3月3日〜5日,沖縄県名護市)
      2004 年 3 月

    137. 複数経路表を用いたトラヒックエンジニアリング機構の実装と評価
      樋田 博信,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS2003-308,IN2003-263,pp.65-70,(2004年3月3日〜5日,沖縄県名護市)
      2004 年 3 月

    138. Experiment Study of QoS Routing Algorithm Based on Multi-Classes Traffic Load
      Hedia KOCHKAR, Takeshi IKENAGA, Kazumi KUMAZOE, Yuji OIE
      Technical Report of IEICE, IN2001-191, pp.83-88
      2002 年 3 月

    139. OSPFを拡張したマルチクラス経路制御の効果について
      熊副 和美, 堀 良彰, 池永 全志, 尾家祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告, IN2001-238,NS2001-194, pp.103-110 (2002年3月14日〜15日,長崎県佐世保市)
      2002 年 3 月

    140. QoS経路制御における受付遅延の導入とその効果について
      池永 全志, 磯崎 義記, 堀 良彰, 尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2001-96, pp45-50
      2001 年 11 月

    141. Wireless環境におけるTCPの性能評価:FERに応じた伝送レート割り当て
      福田 豊,古閑 宏幸,池永 全志,尾家 祐二
      第10回 ITRC総会・研究会
      2001 年 10 月

    142. 社内ルータ網の遅延時間特性に関する考察
      福田正巳,領木信雄,池永全志,尾家祐二
      電気学会 電子・情報・システム部門大会,GS11-5,9月6-8日,2001年
      2001 年 9 月

    143. Wireless環境におけるTCPの性能評価: Layer 2 ARQおよびパケット管理による影響
      古閑 宏幸,池永 全志,堀 良彰,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2001-39,pp.19-24
      2001 年 7 月

    144. 通信品質計測のための多段ルータにおける遅延特性の解析
      領木 信雄,川原 憲治,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告 Vol.101 No.186,IN2001-48,pp.31-36
      2001 年 7 月

    145. Wireless環境においてFERの変化に動的に対応するTCPフロー帯域割当方式:その効果に関する初期的検討
      福田 豊,古閑 宏幸,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,IN2001-40,pp.25-30
      2001 年 7 月

    146. サーバ型経路制御における負荷軽減手法とその評価
      中嶋卓也, 池永全志, 飯田勝吉, 尾家祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告 IN2001-47 pp.25-30
      2001 年 7 月

    147. インターネットにおけるQoS制御機構に関する研究
      池永 全志, 川原 憲治, 尾家 祐二, ハシマニ マンズール, 藤野 亮一, 吉田 幹, 大山 義仁, 山村 博, 米田 進
      通信・放送機構(TAO) 平成13年度 研究発表会, pp.261-266
      2001 年 6 月

    148. QoS Routing Algorithm based on Multi-Classes Traffic Load
      Kochkar Hedia, Takeshi Ikenaga, Yuji Oie
      Proc. of The 2001 IEICE General Conference, SB-14-1, pp.1-2
      2001 年 3 月

    149. 複数のDiffServドメインにおける帯域割当サービス品質
      熊副 和美, 堀 良彰, 池永 全志, 尾家 祐二
      信学技報, IN2000-222, SSE2000-266, pp.225-232
      2001 年 3 月

    150. TCPとUDPの相互作用を緩和するためのバッファ管理手法
      山根 健治、 堀 良彰、 池永 全志、 尾家 祐二
      電子情報通信学会技術報告 IN2000-179(東京) pp.23-28
      2001 年 2 月

    151. 九州ギガポッププロジェクトの概要
      岡村 耕二, 平原 正樹, 堀 良彰, 池永 全志, 荒木 啓二郎
      電子情報通信学会 技術研究報告, IN2000-107, pp.9-15 (北九州)
      2000 年 11 月

    152. クラス別トラヒックに対する経路再配置の効果について
      池永 全志, 川原 憲治, 尾家 祐二
      信学技報, IN2000-124, pp.45-50,(北九州)
      2000 年 11 月

    153. Queue Management of RIO to achieve high throughput and low delay
      Yoshiaki HORI, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
      Technical Report of IEICE IN2000-125, pp.51-56
      2000 年 11 月

    154. Management and Realization of SLA(Service Level Agreement)for Providing Network QoS
      Manzoor HASHMANI, Mikio YOSHIDA, Takeshi IKENAGA, Yuji OIE
      Technical Report of IEICE IN2000-103, pp.55-62
      2000 年 10 月

    155. MPLSにおけるラベル設定方式の性能 : ミスオーダがTCPに及ぼす影響
      領木 信雄, 川原 憲治, 池永 全志, 尾家 祐二
      信学技報,IN2000-13,MVE2000-13,pp.31- 36,新潟,4月21日,2000
      2000 年 4 月

    156. QoS経路の動的再配置手法について
      池永 全志,渋谷 健二,川原 憲治,尾家 祐二
      信学技報, IN99-178, pp.213-218
      2000 年 3 月

    157. Diffserv網におけるサービス品質: EF,AF及びBEサービス
      堀 良彰,福田 豊,池永 全志,尾家 祐二
      信学技報 SSE99-177, IN99-140, pp.97-102
      2000 年 3 月

    158. 集約されたTCPトラヒックの最低帯域保証
      堀 良彰,常弘 敦,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告, CS99-156, CQ99-79, pp.49-54
      2000 年 2 月

    159. PNNIにおける経路選択手法の検討と性能評価
      池永 全志,川原 憲治,尾家 祐二
      信学技報,CQ98-85, pp.13-18
      1999 年 2 月

    掲載予定

    1. ROD-SANにおけるWake-up機能を利用した送信チャネル選択方式の提案と評価
      日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS研究会
      2014 年 3 月

    2. ROD-SANにおけるマルチホップ通信時のチャネル選択手法の提案と評価
      富高 勇樹,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS研究会
      2014 年 3 月

    3. ROD-SANにおけるマルチホップ通信時のチャネル切り替え手法の検討
      富高 勇樹,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      電子情報通信学会 2014年 総合大会
      2014 年 3 月

    4. ROD-SANにおけるWake-up機能を利用した送信チャネル選択手法
      日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
      電子情報通信学会 2014年 総合大会
      2014 年 3 月

    5. ROD無線LANにおける消費電力削減のための代理応答AP選択手法
      鶴田 洸,野林 大起,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,ICM研究会
      2014 年 3 月

    6. 省電力化のためのOpenFlowを用いたフローベースの経路制御手法
      織田 翔太,野林 大起,福田 豊,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,ICM 研究会
      2014 年 3 月

    7. 極小パケット集約機能のための集約待機時間調整手法の検討
      弥永 浩輝,野林 大起,池永 全志,尾家 祐二
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS 研究会
      2014 年 3 月

    8. アドホックネットワークにおける転送フロー数を考慮したメディアアクセス制御方式の検討
      光根 隆文,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS 研究会
      2014 年 3 月

    投稿中の論文

    1. 極小パケット集約機能のための動的な集約待機時間調整手法
      弥永 浩輝,野林 大起,池永 全志
      電子情報通信学会 技術研究報告,NS 研究会
      2016 年 3 月

    2. Flow-based Routing Schemes for Minimizing Network Energy Consumption using OpenFlow
      Syouta Oda, Daiki Nobayashi, Yutaka Fukuda, Takeshi Ikenaga
      The Fourth International Conference on Smart Grids, Green Communications and IT Energy-aware Technologies (ENERGY 2014)
      2014 年 4 月

    その他

    1. インターネットにおけるQoS制御機構に関する研究 (QiQ Project)
      池永 全志,川原 憲治,尾家 祐二,
      ハシマニ マンズール,藤野 亮一,吉田 幹,
      大山 義仁,山村 博,米田 進
      通信・放送機構(TAO) 研究発表会,2001年 6月 6日


    2. バーチャルユニバーシティ推進システムの構築
      大西 淑雅, 中山 仁, 甲斐 郷子, 池永 全志, 硴崎 賢一
      第61回情報処理学会全国大会 講演論文集(4),pp.365-366,Oct. 2000
      (愛媛県松山市, 2000年10月3日〜5日)


    3. QoS経路制御と動的再配置
      池永 全志
      ITRC 第7回 総会・研究会, ITRC Technical Report No.2 ISSN1343-3083, pp.205-213
      (5月8日〜10日,沖縄), May. 2000


    4. Server Based QoS Routing
      池永 全志
      Proc. of 2nd WQI, ITRC Technical Report No.10 ISSN1343-3083, pp.243-248
      (4月13日〜14日,北九州), Apr. 2000


    5. 「インターネットで教室が広がる」 〜 神戸-長崎-博物館を結んだ遠隔授業実験の報告 〜
      岡村 耕二, 藤木 卓,中村 千秋,鶴 正人,池永 全志
      Bit, 8月号, pp.89-96, 1997, 共立出版


    6. ATMによる既存LANの高速インターネットワーキング
      二羽 明信,池永 全志
      NEC技報, Vol.49, No.7, pp.200-205, 1996
      http://www.nec.co.jp/japanese/r_and_d/techrep/journal/g96/n07/g960736.html


    研究業績DB 検索フォームへ

    ike page topへ