大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績

塚本研ホームページ > 研究業績 > 2018年度研究業績


学術論文
  該当の業績は0件です。
   
 
国際会議
  該当の業績は 3 件です。
  Spatio-temporal Data Retention System with MEC for Local Production and Consumption
Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto, Takeshi Ikenaga, Mario Gerla
The 42nd Annual International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC 2018)
2018 年 7 月
  Elastic channel utilization against external radio interference on SDN-enabled multi-radio wireless backhaul networks
Yuzo Taenaka, Kazuya Tsukamoto
Proc. of IEEE International Conference on Cloud Networking (Cloudnet2018)
2018 年 10 月
  Autonomous Data Transmission Control Based on Node Density for Multiple Spatio-temporal Data Retention
Daiki Nobayashi, Kazuya Tsukamoto, Takeshi Ikenaga
Proc. of IEEE International Conference on Cloud Networking (Cloudnet2018)
2018 年 10 月
   
 
著書
  該当の業績は0件です。
   
 
招待講演など
  該当の業績は0件です。
   
 
国内研究会
  該当の業績は 13 件です。
  ODトラヒック行列推定における逆関数法の一般化
土井裕貴, 鶴 正人, 内田真人
電子情報通信学会 技術研究報告, NS2017-216, pp.275--280.(2018年3月2日発表、宮崎県、フェニックス・シーガイア・リゾート)
2018 年 3 月
  Report on the 2017 NS English Session Awards and Award Ceremony
Hideki T ode, Yoshikatsu Okazaki, Kazuya Tsukamoto, Kenichi Matsui, Kenichi K ashibuch
IEICE Global NewsLetter, vol. 42, no. 1, pp. 12-13
2018 年 3 月
  競合発生時のスタティックチャネルボンディングの有効性に関する実験評価
藤井一樹, 田村瞳, 野林大起, 塚本 和也
信学技報 vol. 118, no. 6, NS2018-1, pp. 1-6
2018 年 4 月
  Report on 34th IN/NS Research Workshop
Kenichi Kashibuchi, Kenichi Matsui, Kazuya Tsukamoto, Yoshikatsu Okazaki, Hideki Tode , Kazuaki Ueda, Hiroaki Karasawa, Nobutaka Matsumoto ,Tatsuro Kimura , Takuji Kishida , Katsunori Yamaoka
IEICE Global NewsLetter, vol. 42, no. 2, pp. xx-xx
2018 年 6 月
  Report on NS English Session at 2018 IEICE General Conference -BS-2 Innovative Information Communication Technologies for Future Network System Supporting Information-oriented Industry-
Hiroshi Yamamoto, Kazuya Tsukamoto, Kenichi Kashibuchi, Kenichi Matsui, Yoshikatsu Okazaki, Hideki Tode
IEICE Global NewsLetter, vol. 42, no. 2, pp. xx-xx
2018 年 6 月
  伝送速度が不均一な直列センサーネットワークにおける転送スケジュールの最適化
木村亮太・鶴 正人
情報通信マネジメント研究会(ICM) 2018年7月5日(木)-7月6日(金) 電子情報通信学会技術研究報告, vol 118, no 118, 2018
2018 年 7 月
  OpenFlowにおけるリンク毎パケット遅延変動の監視と劣化リンク特定の効率化
永田 隼也,鶴 正人
電子情報通信学会 技術研究報告, ICM2018-19, pp. 47-52(2018年7月5日〜6日,青森県,青森県観光物産館アスパム )
2018 年 7 月
  異種サービス連携のための実空間連動型データ管理アーキテクチャの提案
長尾 健太郎 妙中雄三 永田晃 田村瞳 塚本和也
電子情報通信学会技術 研究報告.vol. 118, no. 124, NS2018-52,pp. 85-90
2018 年 7 月
  近接空間内IoT データスクラム連携を実現する通信技術に関する取り組み
永田晃,中村勝一, 田村瞳, 妙中雄三, 塚本 和也
平成30年度電気関係学会 東北支部連合大会, CD-ROM(論文番号1B12)
2018 年 9 月
  アプリケーション要求と空間的周波数利用率の違いを考慮した SDN制御の提案
金岡拓哉, 妙中雄三, 塚本 和也
電子情報通信学会九州支部 学生会講演会, CD-ROM(論文番号B-5)
2018 年 9 月
  Accuracy improvement of Spatio-Temporal information with GPS scintillation
Mikito Mouri, Kazuya Tsukamoto
電子情報通信学会九州支部 学生会講演会, CD-ROM (論文番号IS-01)
2018 年 9 月
  Channel Bonding-Aware Access Point Selection
Syohei Arakaki, Kazuya Tsukamoto
電子情報通信学会九州支部 学生会講演会, CD-ROM (論文番号IS-02)
2018 年 10 月
  Geo-Centric情報プラットフォームの動的コンテンツ検索手法に関する検討
樋口伸伍, 長尾健太郎, 妙中雄三, 永田晃, 田村瞳, 塚本 和也
信学技報, vol. 118, no. 124, NS2018-XX, 2018年10月.
2018 年 10 月
   
 
掲載予定
  該当の業績は0件です。
   
 
投稿中の論文
  該当の業績は0件です。
   
 
博士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
修士学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
卒業学位論文
  該当の業績は0件です。
   
 
表彰
  該当の業績は0件です。
   
 

tsuka-web [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2018 Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.